改良型ガス冷却炉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
改良型ガス冷却炉の概略図。熱交換機が、鋼-鉄筋コンクリート複合圧力容器と放射線シールドの中に入っている点に注目せよ

改良型ガス冷却炉 (Advanced Gas-cooled Reactor, AGR) は英国が独自に開発した黒鉛減速炭酸ガス冷却型炉である。核分裂反応によって生じた熱エネルギーを、高温の炭酸ガスとして取り出す原子炉のことで、商業用発電原子炉として利用されている。 同炉は、マグノックス炉(東海発電所の原型)の改良型であり、冷却材出口温度は約1.5倍に、出力密度は約2倍に、熱効率は約10%増など、あらゆる点での性能向上を実現し、さらに経済性も大幅に向上している。 中国政府は、次世代原子炉「高速ガス炉」を国家事業として進めている。この炉心に使われる複合材黒鉛を東洋炭素(大阪)と住友商事が、2008年11月5日受注している。本格運転の前段階として実際に発電を行う「実証炉」を建設中。

主な仕様と構成要素[編集]

関連項目[編集]