改マル5計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「改⑤計画」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

改マル5計画(かいまるごけいかく)は、大日本帝国海軍の軍備計画。昭和16年度に計画されたマル5計画太平洋戦争の開戦と戦局の変化に対応し改定したもの。昭和17年9月にマル5計画を改定する計画を改マル5計画と略称することとなった。

概要[編集]

ミッドウェー海戦の結果によって必要となった航空母艦の緊急増勢計画が研究され、その実行はマル5計画等既定の軍備計画修正の中に含められることとなった。

これを受けて、マル5計画は、『戦艦、超甲巡の建造は全て取りやめ、航空母艦の建造を優先する。軽巡洋艦の建造隻数を減少し、駆逐艦、潜水艦、掃海艇、海防艦、駆潜艇の建造を大幅に増加する。』という内容の改マル5計画に改められた。これは、合計361隻、総トン数115万tの建造という空前の大計画であったが、既定の軍戦備計画のマル4計画や、マル臨計画マル急計画マル追計画、などの工事未着手艦艇が、昭和17年6月末において410隻も残っていたうえ、戦争の進展に伴う損傷艦船の修理量のこともあり、当初から昭和23年完了の見通しであった。しかし実際には、損傷艦復旧工事量が増加する一方、所要資材の入手難に加え、戦況に応ずる小型艦艇の新規建造計画、マル戦計画が割り込む形になり、改マル5計画で計画された艦艇は、結局終戦までに完成22隻、半成12隻、未着手又は建造取り止め328隻という結果に終わった。

計画内容[編集]

艦種 マル5 改マル5 計画差異 実際 備考
超大和型戦艦 3 0 -3
G14型航空母艦 1 0 -1
改大鳳型航空母艦 0 5 +5 0 全艦建造取止
飛龍型航空母艦 2 2 0 2 天城阿蘇(阿蘇は未成)
雲龍型航空母艦 0 2 +2 2 葛城笠置(笠置は未成)
改飛龍型航空母艦 0 9 +9 1 生駒は未成。 他は戦況悪化により建造取止。
超甲型巡洋艦 2 0 -2
改阿賀野型軽巡洋艦 5 2 -3 0 全艦建造取止
815号型軽巡洋艦 4 0 -4
飛行艇母艦 7 3 -4 0 秋津洲型、全艦建造取止
水上機母艦 2 0 -2
潜水母艦 1 3 +2 0 全艦建造取止
駆逐艦(甲) 16 8 -8 0 改夕雲型、全艦建造取止
駆逐艦(乙) 16 23 +7 0 秋月型、全艦建造取止
潜水艦 45 139 +94 8 4隻は未成
海防艦 4 34 +30 16 鵜来型、4隻は未成
掃海艇 10 36 +26 0 建造取止
駆潜艇 18 30 +12 3
急設網艦 1 1 0 0 改若鷹型、建造取止
特務艦 8 34 +26 2 (給油艦、給糧艦、標的艦、工作艦、測量艦、砕氷艦)
敷設艇 8 12 +4 0 建造取止
魚雷艇 0 18 +18 0 建造取止
敷設艦 2 0 -2
砲艦 3 0 -3

※昭和17年10月に潜水艦(丁型)を11隻、昭和18年2月に松型駆逐艦を42隻追加。

関連項目[編集]

  • 戦備計画
マル臨 - マル急 - マル追 - マル戦

参考文献[編集]

  • 戦史叢書 - 海軍軍戦備(1)
  • 戦史叢書 - 海軍軍戦備(2)