播磨国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
播磨国分寺跡
築地塀(復元)
説明と伽藍配置図

播磨国分寺跡(はりまこくぶんじあと)は、兵庫県姫路市御国野町国分寺にある播磨国国分寺跡。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

天平13年(741年)、によって真言宗の寺院として再建された牛堂山国分寺は、かつての国分寺の跡地に建立されたことが知られており、大正10年(1921年)に史跡に指定されていたが、昭和43年(1968年)以後付近の発掘作業が実施され、古代国分寺の遺構が2町四方の規模に及ぶことが判明した。

伽藍配置は、寺域中央に南から南大門・中門・金堂・講堂が一直線に並び、中門から延びる回廊が金堂に取り付き、塔は回廊外の寺域東南部に位置することが確認された。金堂前には燈籠の基壇も確認されている。その一方で、金堂は現・国分寺の薬医門の位置、講堂は現・国分寺の本堂の位置にあったことが確認されるなど、全容の発掘が困難である。現在、現寺域と重複しない区域を中心に「ふるさと歴史の広場」として整備され、燈籠や築地など一部施設が復元されている。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯34度49分13秒 東経134度43分53秒 / 北緯34.82028度 東経134.73139度 / 34.82028; 134.73139