摩訶衍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

摩訶衍(まかえん、: महायानMahāyāna))とは、梵語のマハーヤーナー、(Mahā〈偉大な〉yāna〈乗り物〉)を意味する大乗の音訳。大きい乗り物の意で、鳩摩羅什訳の『摩訶般若波羅蜜経』の「乗大乗品(じょうだいじょうぼん)第十六」で初めて見られる。


摩訶衍、8世紀のの仏教の名で、招聘されて吐蕃に伝えた。

786年貞元2年)、敦煌陥落の頃、ティソン・デツェン王は吐蕃に禅僧摩訶衍(マハヤーナ)を呼んで布教させた。

吐蕃でインド仏教系の僧は、寂護(? - 787年)亡きあと、禅の教義に疑義を示し、文書による論争を重ね、禁教にいたらせた。 摩訶衍は無念・無想・無作意による悟得の教義を説いて791年には皇后(沒盧氏)を出家させた。
しかし、禅の信徒の抵抗で794年禁教が解かれた。

王はインドからカマラシーラ中国語版英語版(蓮華戒)を呼び、サムエーのチャンチュプ院においてその面前で摩訶衍を論破させ、妙観察智を捨てた無念の禅を退けたので摩訶衍は敦煌に去り、インド仏教の正統性が認められ、主導権が確立されたと伝えられる(サムエー宗論中国語: 拉薩法諍)。

参考文献[編集]

  • 『頓悟大乗正理決』(794年