摩耶観光ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
摩耶観光ホテル跡(2009年8月)。2002年時点の画像で屋上にあった煙突は、2004年の台風で倒壊している。また、画像右側の屋上にあったタイヤのようなものも、内部に落ちたのか見受けられなくなっている。
「開設当時の摩耶山温泉」とされる写真(1955年出版の文献より)

摩耶観光ホテル(まやかんこうホテル)は、かつて神戸市灘区摩耶山中腹に存在したホテル

ケーブル会社の福利厚生施設として営業開始した時は摩耶倶楽部[1]、第二次大戦前から戦中にかけては摩耶ホテルや摩耶山温泉ホテル・摩耶山温泉、戦後の改装後は摩耶観光ホテルや摩耶国際観光ホテル、ホテル閉鎖後の1970年(昭和45年)頃から1994年(平成6年)頃まで摩耶学生センター等と呼称された。また摩耶観光ホテル・摩耶学生センターの頃から、マヤカン(摩耶観光ホテルの略語)という俗称でも呼ばれている。設計者は今北乙吉[2]

現在は廃業し、そのアールデコ風のユニークな建築は廃墟となっており、内部は経年劣化による損傷が激しく危険であるため、完全に立入禁止となっている。

概要[編集]

摩耶鋼索鉄道(現・六甲摩耶鉄道)により摩耶駅付近に1929年(昭和4年)5月から建設され、同年11月に営業を開始[3]鉄筋コンクリート造で、軍艦を連想される外見から「軍艦ホテル」と呼ばれた。しかし1944年(昭和19年)に第二次世界大戦の激化により、摩耶鋼索鉄道摩耶ケーブル線(現・神戸すまいまちづくり公社摩耶ケーブル線)が不要不急線として運行が停止されたため、ホテルの営業も翌1945年(昭和20年)に休止となった[4]

戦時中の空襲により大きな被害を受けたため復旧が遅れ、その後ケーブル会社から民間業者に売却されて、1961年(昭和36年)に全面改装の上で再オープン[5]。内装は1959年(昭和34年)春に大阪解体された豪華客船「ふらんす丸」(元フレンチ・ラインイル・ド・フランス」)より装飾品などを買収し改装された[5]。しかし台風等による被害で、1967年(昭和42年)頃にホテルの営業を休止[3]。その後1974年(昭和49年)頃より学生のゼミ合宿やサークル合宿専用の「摩耶学生センター」として転用されたが、震災前の1993年(平成5年)に学生の合宿所としての使用も停止された[6]

その後の阪神・淡路大震災で倒壊こそしなかったものの、建物自体に大きな損傷が出ており立入禁止、ホテルの脇を通っていた登山道も通行止となっている。

ロケ作品[編集]

特集番組[編集]

  • 廃墟シネマ』(2000年8月5日(土)27:35 - 28:35 関東)
  • フジテレビ『廃墟』(2000年10月4日 25:55 - 26:26:25 関東)
    • プロデューサー:藤原努 ディレクター:松浦徹 監修:瀬々敬久 製作:ホリプロ、フジテレビ

映画[編集]

一説に石原裕次郎主演の『夜霧よ今夜も有難う』(1967年)にも登場するとされていたが、実際にはロケ地になっていない。

バンドのPV[編集]

その他[編集]

  • 当真ゆき - グラビアアイドルのプロモーションビデオ。

関連書籍[編集]

小説[編集]

随筆[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 廃墟としての摩耶観光ホテルを有名にした文献に『懐古文化綜合誌 萬(臨時増刊号 緊急特集 廃墟の魔力)』(ゆとり文化研究所 愚童學舎)が知られているが、同書に「この摩耶観光ホテルは、昭和五年(文献により四年のものも)に阪神電鉄系列会社の摩耶鋼索鉄道株式会社の福利厚生施設「摩耶倶楽部」として建設された(設計施工は大林組)。昭和七年よりホテルとして営業を開始」(32ページ)と記載されている。この摩耶倶楽部については、当時の建築学雑誌の新建築紹介ページに写真入りで「摩耶倶楽部 竣工昭和五年二月末日・鉄筋コンクリート四階建・施工大林組」と記載されている(『建築と社会』14-1、1931年1月、9ページ)。またこれを参照にした『阪神間モダニズム』でも摩耶倶楽部として紹介されている(淡交社、1997年、96ページ)。しかし第二次大戦前の資料では、ほとんどが本文で紹介した「摩耶ホテル」「摩耶山温泉ホテル」「摩耶山温泉」であり(例:「まやホテル けふから開業した」神戸新聞1929年11月17日)、「摩耶倶楽部」はこの建築学雑誌でしか確認できない。
  2. ^ 川島智生 2001.
  3. ^ a b 川島智生 2001, p. 321.
  4. ^ 金子直樹 2005, p. 74.
  5. ^ a b 金子直樹 2005, pp. 78-79.
  6. ^ 金子直樹 2005, p. 83.

参考文献[編集]

  • 川島智生「9161 摩耶ホテルと設計者今北乙吉について(日本近代・建築家・技術者(1),建築歴史・意匠)」、『学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠』第2001巻、社団法人日本建築学会、2001年7月31日、 321-322頁、 NAID 110006596963
  • 金子直樹「「廃墟」の歴史地理 : 摩耶観光ホテルを事例に」、『人文論究』第55巻第1号、関西学院大学、2005年5月25日、 63-88頁、 NAID 110004500468

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分39.4秒 東経135度12分45.9秒 / 北緯34.727611度 東経135.212750度 / 34.727611; 135.212750