摩天楼の頂上でランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 摩天楼の頂上でランチ(1932年)

摩天楼の頂上でランチ(Lunch atop a Skyscraper)はビルのクロスビーム(横桁)に腰かけ、地上256メートルで足をぶらつかせながら昼食をとる11人の建設作業員をとらえた白黒写真で、ニューヨーク市ロックフェラー・センターにあったRCAビル(1986年GEビルディングと改名)の建設中に撮影された[1]。勇壮な風景と牧歌的な日常とが同居したこの写真は、アメリカ史の一時代を切り取ったと称され高い人気を誇る一方で、2000年代に入っても撮影者やモデルなどに謎の多い作品である[2]

作品[編集]

マンハッタンの上空で安全ハーネスを身につけずに昼食を楽しむ作業員の姿は、人々が安全に問題があろうともただ職を得ただけで喜んでいた大恐慌という時代をよくとらえている[1]。写真家のジェシー・ニューマンは、最も有名な写真の一つでありながら謎のほうが多いこの作品に触れて次のように語っている。

しかし撮影から80周年の今日、何も知らぬ私たちに浮かぶ疑問を胸にしまい、この写真がいまこうしてあることに感謝するのは何ら難しいことではない。ニューヨーク市が自らを語った、工業化と移民、復興と野心、辛い仕事と大いなる希望があったことを教えてくれる物語の定点がここにある

Jesse Newman.“Revisiting a Lunch at Perilous Heights”. Lens Blog - The New York Times[2]

キング牧師アインシュタインなどの有名な写真を数多く収録しているコービス社のカタログのなかでも、この作品は特に人気が高く、そしてよく売れるという[1][2]

来歴[編集]

建設中のロックフェラー・センターの一画でこの写真が撮影された(1932年)

「摩天楼の頂上でランチ」は1932年9月20日に、完成を間近に控えたアール・デコ摩天楼であるRCAビルの69階で撮影され、10月2日ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンに掲載された[1][3]。オリジナルのネガ(ガラス乾板)はアイロンマウンテン社の管理する施設に保管されているが、その後左上隅が欠けて紛失しており、乾板そのものも1996年に落下の衝撃で5枚に割れてしまっている[2]

帰属[編集]

2000年頃に作業員たちを特定するため写真の権利を保有するコービス社は新聞広告を出したり私立探偵に依頼するなど精力的な調査を行ったが、全員の名前を突き止めるには至らなかった[4]。しかしこれまでに家族を名乗る人間が何人も現れており、その主張に従えば、彼らの大半はアイルランド系の移民である[1]トロント国際映画祭に出品されたドキュメンタリー映画「ランチをとる男たち」("Men At Lunch")も、彼らがアイルランド出身であるという証拠を提示した作品である[1]。しかし4人に1人が職を失っていた当時のニューヨークにさえアイルランド人たちが職を求めてやってきたというのは事実であっても、実際にモデルが彼らだと証明することはきわめて難しい[2]

70年近くもの間この写真は「撮影者不明」とされていたが、2003年からコービス社はチャールズ・C・エベッツ英語版の家族の主張を認め、エベッツの名をクレジットするようになった[5]。しかしこの撮影現場には他にもカメラマンがいたことが明らかになって以降、同社はこれを確かな情報とはしていない[4]

つまりコービス社のアーキビストによれば、一見自然な昼食休憩を撮影したかにみえるこの写真は「営業努力」の賜物だった。被写体こそ本物の作業員だが、新しい摩天楼を宣伝したいロックフェラー・センターが舞台を演出したのであり、実際のところこの日はエベッツだけでなく何人ものカメラマンが用意されていた。例えば作業員たちが同じ場所でうたたねをしている写真も存在するが、それもこの日に撮影されたものである[1][4][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g The picture that proves why iconic photograph of workers eating their lunch on Rockefeller beam was all a publicity stunt”. Daily Mail. 2012年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 撮影日が9月29日とされ、撮影者もルイス・ハインに帰せられていた時期があったRevisiting a Lunch at Perilous Heights”. The New York Times (2012年9月20日). 2012年10月2日閲覧。
  3. ^ Lunch Atop a Skyscraper: iconic American photo is 80 years old”. The Telegraph (2012年9月20日). 2012年10月2日閲覧。
  4. ^ a b c A casual lunchtime snap, or the world's most iconic publicity stunt?”. The Independent (2012年9月20日). 2012年10月2日閲覧。
  5. ^ Ormond woman, daughter document legacy”. News-JournalOnline.com (2012年3月6日). 2012年10月2日閲覧。