換語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

換語(かんご、epanorthosis)とは、今述べた語を、その直後に強調されたと取り換える修辞技法のこと[1]

  • thousands, no, millions!(数千、いや、数百万!) - よく使われる例。

「速やかで断固とした自己訂正」という意味もある[2]

  • The psychologist known as Sigmund Fraud--Freud, I mean!(その精神分析医はジークムント・フラウト——いやフロイトだ!)
  • I've eaten over 8--er, nine-thousand grains of rice, that is.(私が食べたのは8——えー、9000グレーン(450g)の米だ、正確に言うと)

上の斜体部分が換語にあたるが、ダッシュ(「——」)以降の言葉がすべてもそうとも言える。

脚注[編集]

  1. ^ epanorthosis at tiscali.co.uk
  2. ^ EPANORTHOSIS at wordwebonline.com

関連項目[編集]