揚武 (スループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
写真は「揚武」。
艦歴
発注 福州船政局
起工 1870年
進水 1872年4月23日
就役 1872年12月
退役
その後 1884年8月23日、戦闘により沈没。
除籍
前級
次級
性能諸元
排水量 常備:1,393トン
全長 57.5m
全幅 10.9m
吃水 5.42m
機関 型式不明石炭専焼缶-基
+レシプロ機関1基1軸推進
最大出力 1,130hp
最大速力 15.0ノット(機関航行時)
航続距離 -ノット/-海里(石炭:-トン)
乗員 147名
兵装 アームストロング 口径不明前装填砲13基
クルップ 19cm砲1基

揚武 (ようぶYangwu) は清国水軍の機帆走スループで同型艦はない。

概要[編集]

本艦は清国が始めて国産した一等巡洋艦である。就役後は福建水軍(艦隊)の旗艦であった。1875年、清国軍艦として初めて日本を訪問した[1]1884年清仏戦争で本艦は馬江沖海戦英語版(福州海戦とも)において福建艦隊中国語版英語版の旗艦を務め、フランス海軍アメデ・クールベ提督フランス極東艦隊フランス語版英語版を迎え撃ち、フランス艦隊旗艦の機帆走巡洋艦「ヴォルタ」と激しく交戦するも力及ばず撃退され、フランス海軍の艦載水雷艇「46号」の雷撃を右舷水線部に受けて撃沈された(馬江之役)。

艦形[編集]

本艦の基本構造は3本のマストと一本煙突を持つ木造フリゲートとして福州船政局(海軍造船所)で建造された。船体内にはアームストロング製 前装砲13基とクルップ製 19cm単装砲1基を装備していた。 本艦の煙突は帆走時には低く折りたためるように三段階に伸縮できた。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)

脚注[編集]

  1. ^ 国立公文書館所蔵『公文録・明治八年・第三十三巻・明治八年十二月・外務省伺』のうち「清国軍艦渡来ノ節接待ノ儀上申」(アジア歴史資料センターリファレンスナンバー、Ref.A01100103300)。

関連項目[編集]