捻転胃虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
捻転胃虫 Haemonchus contortus
Haemonchus contortus.jpg
捻転胃虫 Haemonchus contortus
分類
: 動物界 Animalia
: 線形動物門 Nematoda
: 双腺綱 Secernentea
亜綱 : 桿線虫亜綱 Rhabditia
: 円虫目 Strongylida
上科 : 毛様線虫上科 Trichostrongyloidea
: 捻転胃虫科 Haemonchidae
亜科 : 捻転胃虫亜科 Haemonchinae
: Haemonchus
: 捻転胃虫 H. contortus
学名
Haemonchus contortus (Rudolphi, 1803), Cobbold, 1898[1]
和名
捻転胃虫

捻転胃虫(ねんてんいちゅう、学名Haemonchus contortus)とは、ヒツジヤギウシなどの第四胃に寄生する線虫。体長は♂10-20mm、♀18-30mmであり、吸血性。宿主に貧血黄疸、下顎の浮腫を起こすなど病原性は強い。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 平詔亨ほか著 『家畜臨床寄生虫アトラス』 チクサン出版社 1995年 ISBN 9784885004100

関連項目[編集]