持続勃起症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

持続勃起症(じぞくぼっきしょう)とは、男性の陰茎が勃起状態のまま、通常時に戻らない、もしくは非常に戻りにくくなる症状。陰茎強直症とも言う。

血管系のものとしては赤血球病や白血病などの血液病や外傷(特に海綿体動脈の損傷)、炎症などにより血液が陰茎から流出しづらくなった静脈閉塞性持続勃起症 (Veno-occlusive priapism) と、陰茎海面体内の動脈系の破綻などによって発症する動脈性流入過剰型持続勃起症 (arterial high flow priapism) に大別されるほか、勃起不全の治療の副作用として似たような症状が現れる場合がある。特に静脈閉塞性のものは疼痛を伴い、陰茎が虚血状態であるため速やかな治療が要求され、最悪の場合は陰茎海綿体に非可逆的な損傷を与え、勃起不全に至る。12 - 24時間以上継続すると非常に危険である[1]

その他各所の病変や塞栓などにより発症する場合、神経系の疾患及び糖尿病、各種の薬物などがこの症状の原因となるが、特発性のものも多く見られる。

診断[編集]

血液ガス分析のほか、造影剤を用いたX線撮影やカラードプラ超音波検査などによって、問題となっている部位を特定する。

治療[編集]

動脈性である場合は血管収縮薬の陰茎海綿体内投与。血管の損傷による場合は自己血餅による塞栓術など[2]。静脈閉塞性の場合は陰茎への穿刺による血液の吸引、海綿体内の生理食塩水による洗浄、場合によってはシャントの設置などが行われる[3]

原因が血管系の異常の場合、状況に応じて塞栓、バイパスの設置などの手術によっての治療が行われる。また、他の疾患の一形態としての症状が見られる場合には、その疾患に対する治療も平行して行われる。

勃起不全の治療の副作用の場合[編集]

米国泌尿器科学会のガイドラインによれば、4時間以上勃起が継続した場合には速やかに治療を開始する事が必要とされている。 塩酸エチレフリンの陰茎海綿体への注射、ニフェジピンの舌下投与、もしくは陰茎への穿刺による血液の吸引、シャントの設置などによって対応する[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『Erectile Dysfunction 外来』p.145 (12時間)、 日野原、井村 (2008) p.303 (24時間)
  2. ^ 日野原、井村 (2008) p.303
  3. ^ 『内分泌疾患 精機能障害』p.288 p.331 -、『Erectile Dysfunction 外来』 p.148 - 、日野原、井村 (2008) p.303
  4. ^ 『内分泌疾患 精機能障害』p.288 p.331 -

参考文献[編集]

  • 石川博通、丸茂健、小塙清 『男性不妊を治す 不妊の原因は女性だけではない』 新星出版社 1997年6月 ISBN 978-4405096820
  • ジェームス・H・ギルバー 『Dr.ギルバーの泌尿器ガイド』1993年6月 三一書房 ISBN 978-4380930102 p.73 - p.74
  • 日野原重明、井村裕夫、2008、『看護のための最新医学講座 第2版』、中山書店
  • 吉田修 監修 『新 図説泌尿器科学講座 4 内分泌疾患 精機能障害』メジカルビュー 1999年12月
  • 吉田修監修、内藤誠二編 『Erectile Dysfunction 外来』メジカルビュー 2000年3月

関連項目[編集]