持永只仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

持永 只仁(もちなが ただひと、1919年3月3日 - 1999年4月1日)は、日本の人形アニメーション作家。

人物[編集]

芸術映画社でアニメーションの世界に入り、満州映画協会入社後、中国に残留し、中国のアニメーション映画製作に協力する。帰国後、人形アニメーション映画の製作に関わる。日本アニメーション協会名誉会員。

経歴[編集]

  • 1919年3月3日、東京市神田錦町生まれ。
  • 1928年、父母の郷里である佐賀県に移り、小学校(三年時より佐賀市立西与賀小学校)、中学校(旧制龍谷中学、現在の佐賀龍谷高等学校)を佐賀市内で過ごす。この頃より美術に長け、またアニメーション映画に傾倒する。[1]
  • 1938年3月、日本美術学校(現・日本美術専門学校)図案応用科卒業。東京女子美術工芸学校、東京宝塚劇場舞台課等で働く[1]
  • 1939年12月15日芸術映画社入社[1]、漫画映画班でアニメ制作に従事。瀬尾光世の下で日本で初めての多層式アニメ撮影台を開発。
  • 1945年満州へ渡り、満州映画協会に入社。敗戦後も中国に残り、同年10月1日に設立された東北電影公司の事業立ち上げに協力。
  • 1946年10月1日、東北電影公司が東北電影製片廠と改称された後も、映画製作に協力。
  • 1950年3月17日、東北電影製片廠の一部スタッフの上海電影製片廠への移動に随行。同廠の「美術片組」(後の上海美術電影製片廠)創立に協力。この間、人形アニメーションを始める[2]。東北電影製片廠で教育宣伝映画製作のかたわら映画技術者を養成[2]
  • 1953年4月11日、東北電影公司で働いた日本人技術スタッフともに、日本へ帰国[2]
  • 1955年、稲村喜一とともに「人形映画製作所」設立。電通映画社と教育映画配給社の後援を受け、スタジオを雑司ヶ谷の電通映画社現像所内に置く[3]
  • 1956年、日本初の人形アニメ「瓜子姫とあまのじゃく」を完成。田中喜次とともに演出した電通映画社との提携人形アニメ作品『瓜子姫とあまのじゃく』を製作。同年の人形アニメ『ちびくろさんぼのとらたいじ』がバンクーバー国際映画祭児童映画部門最高賞を受賞。
  • 1960年5月、稲村喜一の死去により、「人形映画製作所」の活動停止[3]。のち9月、大村英之助、松本酉三とともにMOMプロダクション設立。ランキン/バス・プロダクション英語: Rankin/Bass Productions)よりの発注でアメリカTV放映用人形アニメーションを多数製作。
  • 1967年、MOMプロダクション退社。のち中国に渡って、中国通信社に入社[2]。ニュース映画製作に従事する傍ら、アニメーション関連の後進の指導にあたる。
  • 1999年4月1日逝去。享年80。納骨は佐賀の菩提寺、本行寺と、東京多門寺の「映画人の墓」に分骨される。[1]

フィルモグラフィ[編集]

  (題名末尾の▲印は監督・演出(導演)以外のスタッフ参加作品)

 《 戦前、戦中 》

  • 「アヒルの陸戦隊」▲ 13分 (芸術映画社、1940年)撮影、背景、動画
  • 「アリチャン」 11分 ▲(芸術映画社、1941年)撮影、背景、動画
  • 桃太郎の海鷲」▲ 37分 (芸術映画社、1942年)技術構成、背景、撮影
  • フクちゃんの潜水艦」 30分 (朝日映画社、1944年)脚本、撮影、演出

 《 戦後、中国時代 》

  • 「翻身年」 30秒 (東北電影製片廠、1947年) 人形操演 〔池勇 名義〕
  • 「皇帝梦」 26分 (東北電影製片廠、1947年)  撮影 〔池勇 名義〕
  • 「甕中捉龞」 12分 (東北電影製片廠、1948年)  導演(監督) 〔方明 名義〕
  • 「謝謝小花猫」 14分30秒 (上海電影製片廠、1950年)  導演(監督) 〔方明 名義〕
  • 「小鉄柱」(上海電影製片廠、1951年)  導演(監督) 特偉と共同 〔方明 名義〕
  • 「小猫釣魚」 14分25秒 (上海電影製片廠、1951年) 導演(監督) 〔方明 名義〕
  • 「採蘑菇」(上海電影製片廠、1953年)  導演(監督) 〔方明 名義〕
  • 「梁山泊与祝英台」▲ (上海電影製片廠、1954年、劇映画) カラー技術担当

 《 帰国後、人形映画製作所時代 》

  • 「瓜子姫とあまのじゃく」 17分 (電通映画社=人形映画製作所、1956年) 監督
  • 「五匹の子猿たち」 17分 (電通映画社=人形映画製作所、1956年) 監督
  • 「ちびくろさんぼのとらたいじ」 18分 (電通映画社=人形映画製作所、1956年) 監督
  • 「ビールむかしむかし」(電通映画=人形芸術製作所、1956年) 人形操作
  • 「ちびくろさんぼとふたごのおとうと」 17分 (電通映画社=人形映画製作所、1957年)  監督
  • 「ふしぎな太鼓」 19分 (電通映画社=人形映画製作所、1957年) 監督  田中善次と共同
  • 「こぶとり」 13分 (電通映画社=人形映画製作所、1957年) 監督  田中善次と共同
  • 「ぶんぶくちゃがま」 13分 (電通映画社=人形映画製作所、1958年) 監督
  • 「ペンギンぼうやルルとキキ」 17分 (電通映画社=人形映画製作所、1958年) 監督
  • 「王さまになった狐」 19分 (電通映画社=人形映画製作所、1959年) 監督

  ※以降の監督作品はカラーフィルムにより製作

 《 MOMプロダクション時代 》  (このカテゴリーでは、タイトル上の役職はAnimagic〈時にSupervisor〉)

 《 MOMプロダクション退社以降 》

  • 「喵鳴是誰叫的?」▲ 10分30秒 (上海美術電影製片廠、1979年)  脚本・技術指導         
  • 「少年と子だぬき」 13分 (童映社、原作:佐々木たづ、1992年)  演出・技術構成 

ビブリオグラフィ[編集]

  • 「アニメーション日中交流記 持永只仁自伝」(東方書店、2006年)

出典[編集]