拳銃神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
拳銃神
ジャンル ガンアクション
漫画
作者 荻野真
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ,漫革
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表期間 2000年26号 - 2003年6月5日
巻数 9巻
話数 99話
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

拳銃神』(けんじゅうしん)は、荻野真による日本漫画。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)において2000年26号から2003年18号までと、『漫革』(集英社)の2003年6月5日号に連載された。全99話。単行本全9巻。ガンアクションを題材とした作品であり、豊富な拳銃修行経験を持つ小峯隆生がアクションコンポーザーを務めている[1][2]

概要[編集]

荻野にとっては4年ぶりの週刊連載作品。平成不況により漫画雑誌や単行本の売れ行きが悪化中の状況を乗り切るため、荻野自身がストレスをためずに楽しく連載を乗り切ろうと、かつて自身が楽しんでいたマカロニ・ウェスタンの要素を取り入れ[3]、中学時代に熱狂していた漫画『荒野の少年イサム』へのオマージュとしたガンマン物語として、連載が開始された[4]

当初は防犯主体の日本の警察において、警官である主人公が凶悪犯に対しては殺人をも辞さないという物語だったが、連載中に現実の日本の警察が発砲するケースが増加し、さらに作中の凶悪犯としてテロリストを登場させた頃にアメリカ同時多発テロ事件が発生するなど、現実が漫画にすぐに追いついてしまう状況になった。そのため、リアルな話を好まない荻野は主人公たちの敵として、人間から変異した「ネオテラー」という怪物を設定、物語はフィクション性の強いものに手直しされることとなった[5]。むしろ凶悪犯に対して殺人を辞さない存在は、ネオテトラーの側として描かれた。

その後、連載前年に患っていた荻野の持病が連載とともに悪化、さらに折からの銃規制強化の煽りを受けたため、連載は中断した。オリジナルビデオ化の予定もあったものの立ち消えとなり、単行本の増刷すら行われない始末となった[4]。単行本最終巻のあとがきにおいて荻野は、本作はまとめるのがやっとで、出来ばえはかなり中途半端に終わったと、自身で認めている[6]

しかし、荻野の息子は本作を一番好きな作品と語っており、その息子の友人たちも、是非続きを読みたがっているといい[4]、荻野自身も、本作で取り上げたテーマに未練があることから、機会があればまた挑戦したい旨を語っている[6]。また本作終盤における、主人公とヒロインによる男女1組の殺し屋という図式は、後の荻野の連載作品『怨霊侍』の前身ともなった[5]

あらすじ[編集]

下町の三流巡査・的場イサムはある日、管轄内で銀行強盗事件に遭遇、武装した凶悪犯たちを丸腰のままたった1人で、一瞬でねじ伏せるという大活躍を見せた。実は彼には、生まれついての暗殺者という過去が隠されていた。その素質を見込まれた的場は、警視庁の特殊機動殺人課、通称・特殺課に転属となり、凶悪な殺人犯たち、そしてネオテラーと呼ばれる未知の怪物たちに立ち向かう。

登場人物[編集]

的場 イサム(まとば イサム)
主人公。13歳までをアメリカで過ごした青年。物語開始当初は下町の交番勤務の巡査で、銃嫌いの上に役立たずで三流警官呼ばわりされていた。しかし実はプロの殺し屋であり、普段はアホ呼ばわりされるほど呑気だが、銃の扱いは超一流、特殊な体術により至近距離で撃たれた銃弾をかわし、一目で相手が殺人者かどうかを見抜き、殺人者相手なら情け容赦なく引き金を引く。アメリカ時代にプロの殺し屋ばかり50人以上もの人間を殺害したとされるが、一種の記憶喪失によりその頃の日常生活や家族の記憶がなく、その謎は終盤に明らかとなる。23歳。
梓 弓鶴(あずさ ゆづる)
本作のヒロイン。一種試験合格のエリート。銃が好きで警察の職に就いたと称するほどのガンマニア。本人の強い希望に加え、彼女を的場の制御役にするという上官たちの思惑により、特殺課に配属となる。的場と同じくアメリカ育ちの帰国子女で、後に的場と同様に過去に隠された秘密が明らかとなる。23歳。
南部 攻兵(なんぶ こうへい)
曲者揃いの警視庁特殺課を率いる隊長。元は陸上自衛隊員。かつてイギリス特殊部隊SASに出向し、テロリスト数名を殺害。特殺課転属後もすでに十数名を殺している。都市ゲリラ戦と特殊破壊活動全般のエキスパート。42歳。
仁倉 刑次(にくら けいじ)
特殺課の副隊長。元は警視庁公安部所属で、反日テロリストに対する海外防諜活動を専門としていた。銃を好まず、古武道による格闘技と刀剣術を得意とし、多くの容疑者を殺害もしくは廃人同様に至らしめている。38歳。
長屋 正洋(ながくら まさひろ)
特殺課の機動隊員。元は組織犯罪対策部所属。妻が巻き込まれた覚醒剤絡みの事件でヤクザ数名を殺害している。ライフルショットガンなど、いわゆる長物と呼ばれる銃器を好む。32歳。
端元 真悟(はしもと しんご)
特殺課の機動隊員。元は某県警の機動隊員で、同僚が自殺したリンチ事件の恨みで上司を殺害した過去を持つ。体力自慢で、特にボクシングはライセンスを取得しておりセミプロである。打撃や締め技、マシンガンなどの大型銃器の扱いを得意とする。
薬丸 博也(やくまる ひろや)
特殺課の機動隊員で検視官。他のメンバーと違って殺人経験はなく警察官でもなかったが、死体愛好家という特殊な嗜好から特殺課に抜擢された。薬物と小火器を得意とする。28歳。
計目 善三郎(はかりめ ぜんざぶろう)
特殺課の捜査隊員。一見すると冴えない中年だが、元は警視庁捜査一課(強行犯係)の猟犬と呼ばれたほどの達人刑事。かつて警部から巡査長に突如降格され、同時期に同僚刑事2名が変死しており、彼の仕業といわれている。骨董品マニアであり、クラシック銃や刀剣類の知識に長ける。49歳。
団子 桜(だんご さくら)
特殺課の技官。銃火器の天才で、銃マニアでもある。六つ子の長女。技官のために特殺課の活動に参加できないことからひそかに疎外感を抱いており、そのことが終盤における惨劇の発端となる。
団子五兄弟
特殺課の技官5人。桜の弟たちであり、顔は全員同じ。爆薬とメカニックの天才たちで、車両、通信、工作機などあらゆる技術を5人でこなす。

書誌情報[編集]

  • 荻野真 『拳銃神』 集英社〈ヤングジャンプ・コミックス〉。
  1. 2000月12年16日発行(2000年12月11日発売[7])、ISBN 978-4-08-876104-6
  2. 2001月3年24日発行(2001月3年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876138-1
  3. 2001月6年24日発行(2001月6年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876168-8
  4. 2001月9年24日発行(2001月9年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876203-6
  5. 2001月12年15日発行(2001月12年10日発売[7])、ISBN 978-4-08-876239-5
  6. 2002月3年24日発行(2002月3年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876272-2
  7. 2002月6年24日発行(2002月6年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876309-5
  8. 2003月2年24日発行(2003月2年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876403-0
  9. 2003月6年24日発行(2003月6年19日発売[7])、ISBN 978-4-08-876459-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人名事典”. PHP研究所 (2009年). 2011年5月22日閲覧。
  2. ^ 荻野真 『拳銃神』1、集英社ヤングジャンプ・コミックス〉、2006年、1頁。ISBN 978-4-08-876138-1
  3. ^ 荻野真 「あとがき」『拳銃神』1、202頁。
  4. ^ a b c 荻野真 (2010年12月3日). “拳銃神”. 孔雀の実家(荻野真公式サイト). 2011年5月16日閲覧。
  5. ^ a b 荻野真 (2005年1月17日). “拳銃神”. 孔雀の実家. 2007年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  6. ^ a b 荻野真 「あとがき」『拳銃神』6、集英社〈ヤングジャンプ・コミックス〉、2003年、218頁。ISBN 978-4-08-876459-7
  7. ^ a b c d e f g h i 拳銃神”. ブックオフオンライン. 2011年5月22日閲覧。