押角駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
押角駅
営業当時のホーム(2007年8月18日)
営業当時のホーム(2007年8月18日)
おしかど - Oshikado
岩手和井内 (5.8km)
(10.0km) 岩手大川
所在地 岩手県宮古市和井内第1地割10
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 岩泉線
キロ程 15.8km(茂市起点)
電報略号 カト
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1944年昭和19年)7月20日
廃止年月日 2014年平成26年)4月1日
備考 無人駅
2010年(平成22年)8月17日よりバス代行
かつての駅舎と、ホームを結ぶ橋
周辺の様子(国道340号線上の案内標識)

押角駅(おしかどえき)は、かつて岩手県宮古市和井内にあった、東日本旅客鉄道(JR東日本)岩泉線。同線の廃線により2014年(平成26年)3月31日限りで廃止となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

傾いた木製の単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。茂市駅管理の無人駅であった。

駅にはベンチや待合室は存在せず、駅舎・屋根もない。

開業時はスイッチバック駅で、かつては横取線のある方に駅舎とホームがあった。通過不能型の配線で、単式1面および島式1面の3線と引き上げ線1線を有した。駅本屋があった場所は、現在、川を利用した養魚場となっている。

駅周辺[編集]

駅附近には押角の集落があったが、現在は養鱒場と、近くに自然で育てた鶏の卵を販売する養鶏場の2軒があるのみで、周囲は山である。国道340号に隣接しており、駅があることを示す小さな標識がある。雑草に埋もれた駅前広場の奥に仮設にしか見えない橋と階段があるが、その橋を渡り階段を上って左折し線路脇を50mほど歩くとようやく駅のホームにたどり着く。

前述の通り、橋を渡った先には国道340号があるが、この駅の周辺は押角峠と呼ばれる難所であり、道幅が狭く交通量も少ない。このため、国道と接続している駅とは思えないほどであり、これらのような事情から、この駅は一部の鉄道ファンから全国屈指の秘境駅として扱われていた。橋で駅と国道が結ばれている形だが、この橋は片側(駅側から見て左側)にしか柵がなく、渡る時は注意を要する。

駅は岩泉線のサミット(一番標高が高いところ)に近い。駅から約1.3km北には、同線最長の押角トンネル(2987メートル)があり、ほぼ全線にわたり勾配やカーブが連続する路線中で、この区間に限って列車は時速70kmを超える速度を出していた。

また、周りは山で囲まれているが、NTTドコモFOMAプラスエリアのため、FOMAが使える。これは、NTTドコモ東北が管内のJR東日本すべての駅でFOMAを使えるようにしたためである。

地名の表記は当駅にも使われている「押角」が一般的であるが、同じ読みで「雄鹿戸」の表記も使われることがあり、併走する国道340号側の雄鹿戸トンネルにはこの名前が残っている。

岩泉線廃止前の鉄道代替バスは当駅入口付近の国道で乗降を行っていたが、東日本交通が運行する岩泉線廃止代替バスは当駅付近にバス停を設けていない。またフリー乗降区間でもないため、岩泉線廃止後は付近への公共交通によるアクセス手段は消滅した。廃止後に鉄道駅に対応するバス停が設けられなかったのは当駅のみである。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
岩泉線
岩手和井内駅 - 押角駅 - 岩手大川駅

脚注[編集]

  1. ^ 1957年(昭和32年)5月16日に浅内まで延伸開業されると同時に廃止された。
  2. ^ 岩泉線の廃止について (PDF) - 東日本旅客鉄道、2013年11月8日
  3. ^ 岩泉線きょう廃止届 押角トンネルなど無償譲渡 - 読売新聞、2013年11月8日《2014年1月18日閲覧→現在はインターネットアーカイブに残存》

関連項目[編集]

外部リンク[編集]