押し屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東急田園都市線三軒茶屋駅の押し屋(「サービススタッフ」)の押しこみ風景。

押し屋(おしや)とは、鉄道の朝夕のラッシュ時に、列車に挟まりかかった乗客荷物を車内に押し込む人、およびその職業のことである。特に多くの人手が必要な通勤時間帯のみ契約している学生アルバイトも多く、「テンポラリー」・「通対」・「学生班」と呼ばれる事もある。

満員の列車に乗ろうとしている乗客やドアからはみ出している客をホームに降ろす場合には剥がし屋と呼ばれる。列車の遅延度合いと車内やホームの状況次第では押し屋が剥がし屋になったり、その逆のケースも存在する。

概要[編集]

1955年昭和30年)10月24日、日本国有鉄道(国鉄)(現JR)の新宿駅で初めて導入された。当時は「旅客整理係学生班」と呼ばれ、国鉄における大学生アルバイト採用の最初でもあった。列車のドア1つごとに学生1人が配置され、は1日に延べ130人、でも60人の押し屋が投入された(冬季は着膨れが障害となる)。

駅員社員)が行う場合と、アルバイトが行う場合がある。多くの場合、ホームの端(線路側)に立ち、乗客の誘導や安全確認も行う。京王井の頭線のように、特定の車両に乗客が集中し、その車両だけがラッシュ時並の混雑となる場合も、駅員が「押し屋」も兼ねて配置されることもある。

石田礼助国鉄総裁在職時、アメリカの鉄道専門家と新宿駅のラッシュアワーを視察した際、「押し屋」の説明を求められたものの、具体的なが思いつかずに困惑した末、"pusher and puller" として説明をしている。「押し屋」が日本独特の職業である逸話ともいえる。

押し屋の業務手順[編集]

  1. 列車の入線前には安全確認を行う。
  2. 列車が到着すると乗客の乗り降りを見守る。
  3. 発車直前になると乗り切れない客を空いている扉に誘導する。
  4. 扉を閉めてもよい状態になったらを挙げるか、カンテラ(ランプ)を掲げるかの方法で車掌に知らせる(客扱終了合図)。
  5. 列車の扉が閉まると、扉に乗客の体や荷物が挟まっていないかを確認する(物が挟まり、扉が完全に閉まっていなければ各車両にある車側表示灯が点灯したままの状態であるので、開いている扉が容易に判別できる)。
  6. もし挟まっていたら押したり、扉を手で開けて挟まりを直したりする。
  7. 自分の担当区域が終わったら別の区域に手伝いに行く。このとき、かばん、特にリュックサックストラップが扉に挟まり、その側の扉が当分は開かない[1]ためなかなか降りられないというケースがあるので、押し屋たちは特に気を配るところでもある。無理に乗ろうとしている客を剥ぎ取る「剥がし屋」も兼ねている。
  8. 扉が完全に閉まっていても、手荷物などが挟まっていた場合や、このままでは挟まりを直すことが出来ないと判断した場合は車掌に再開閉を指示する。
  9. 扉を完全に閉めることができたあと、再び旗や手を挙げるか、ランプを掲げるかの方法で車掌に知らせる。運転士運転台の戸閉知らせ灯で、車掌は車側表示灯でそれぞれすべての扉が閉まったことを確認、車掌が運転士に発車するよう合図を送る。

扉閉めに困難をともなうのは乗車率が200 % (定員の2倍)を越えたあたりからであるが、乗車率が120 % 程度になった時点でホームの整理をかねて押し屋が配置されることが多い。列車は混んでいなくても始発列車待ちの乗客が多くホームが混雑する場合や、列車の発着ホームのパターンが複雑であったり変更があったりする時は、押し屋ではなく「ホーム整理員」として駅員が配置される。

放送[編集]

乗客を捌くために押し屋のうち1人が放送を行う。この放送には遅延防止や積み残しの減少といった効果がある。なお、一日を通して客数が多い駅や曲線ホームなどで見通しが悪い駅などでは、昼間にも駅員がホームに立ち、案内放送を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 相対式ホームと島式ホームの混在によるものであるが、列車種別緩急接続の有無によってさらに細分化される場合がある。

関連項目[編集]