抑肝散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抑肝散(よくかんさん)は漢方方剤の一。 初出は1556年に出版された小児医学書「保嬰撮要」(薜鎧著、薜己注釈)。

ツムラ抑肝散エキス顆粒1包
ツムラ抑肝散(医療用)を開封し顆粒を示したところ

組成[編集]

白朮茯苓川芎釣藤鈎当帰柴胡甘草
(原典は白朮だが、日本では代わりに蒼朮を用いたエキス剤もある)

効能・効果[編集]

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症不眠症小児夜なき小児疳症

平肝熄風、気血双補。
やせ形でやや虚弱、腹直筋に緊張が見られる患者の痙攣、情緒不安、不眠自律神経失調症血の道症、夜泣きなどに用いる。
元来は小児向けの処方だが、(量を調節すれば)同じような症状がみられる成人が服用しても問題はない。 近年の研究から、進行した「アルツハイマー型認知症」で起こる妄想や、徘徊(はいかい)、暴力などの抑制にも効能があることが知られている[1][2]

臨床試験[編集]

認知症患者(原疾患:アルツハイマー脳血管障害Lewy小体病)でMini-Mental State Examination (MMSE) スコア24 未満、neuropsychiatric inventory (NPI) スコア6 より高値の52例(抑肝散群27 例、非投与群25 例)によるランダム化比較試験において、抑肝散は非投与群に、NPI スコア、幻覚、不安興奮などで有意な改善を認めた[3]

抑肝散に関する最近の臨床研究および基礎データについてはen:Yokukansan(英語)を参照されたい。

副作用・禁忌[編集]

消化器が非常に弱い患者には、慎重に用いること。

また、甘草を含有するため、偽性アルドステロン症が起こる危険がある。また漢方薬は体内のカリウムを容易に排泄させるため電解質に異常をきたすことがある、筋肉の痙攣等の副作用がおこるので血液検査などを定期的に受ける必要がある。

関連処方[編集]

その他[編集]

原典「保嬰撮要」には、この方剤について「母児同服」(患児の母親もこの薬を服用すること)と書かれている。これは、当時の医学に、今日の家族療法に通じる臨床知見があったことを示すものであるとされる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 抑肝散.jp - 抑肝散のエビデンス情報が集められている。