扶余県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 吉林省 扶余県
大金得勝陀頌碑
大金得勝陀頌碑
簡体字 扶余
繁体字 扶餘
拼音 Fúyú
カタカナ転記 フーユー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
吉林
地級市 松原市 (吉林省)
行政級別
建置 1810年
改制 1995年
面積
総面積 4,464 km²
人口
総人口(2004) 73.6 万人
経済
電話番号 0438
郵便番号 131203
行政区画代碼 220724
公式ウェブサイト http://www.jlfy.gov.cn/

扶余県(ふよ-けん)は中華人民共和国吉林省松原に位置する。県人民政府は三岔河鎮にある。

歴史[編集]

扶余県は古代存在した扶余の故地である。扶余県は松花江の東岸に位置し古くから松花江水系の要衝であった。代および元代には肇州に属した。明代には三岔河衛に属したが後にモンゴル人に占領された。

清初に伯都納站が設置され、康熙年間にはその南に新城が築かれ新城と称され、清末の光緒年間には新城府が設置されその管轄とされた。中華民国が成立すると1913年民国2年)に新城県が設置され、翌年扶余県と改称された。1987年に県級市に昇格し扶余市と、1992年6月には地級市の松原市が新設されるに伴い扶余区と改編された。1995年に再び扶余県に改編され現在に至る。

行政区画[編集]

下部に12鎮、4郷、1民族郷を管轄する

  • :三岔河鎮、長春嶺鎮、五家站鎮、陶頼昭鎮、蔡家溝鎮、弓棚子鎮、三井子鎮、増盛鎮、大林子鎮、新万発鎮、新源鎮、得勝鎮
  • :永平郷、新站郷、更新郷、肖家郷
  • 民族郷:三駿満族モンゴル族シベ族郷
中国地名の変遷
建置 1913年
使用状況 扶余県
中華民国 扶余県
満州国 扶余県
国共内戦期間 扶余県
現代 扶余県
扶余市(1987年)
扶余区(1992年)
扶余県(1995年)