払子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手に払子を持つ外国人の僧

払子(ほっす)は、仏教法要の際にが威儀を示すために用いる法具である。麈尾(しゅび、しゅみ)、白払(びゃくほつ)ともいう。

概要[編集]

獣毛などの繊維を束ねて柄をつけたもので、本来は、インドなど虫を追い払うために使われた道具であった。

中国の禅宗煩悩を払う法具として用いられるようになり、日本では、鎌倉時代に初めて用いられ、後に、浄土真宗以外の各派で用いるようになった。

関連項目[編集]