手天童子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

手天童子』(しゅてんどうじ)は、 永井豪とダイナミックプロによって『週刊少年マガジン』(講談社)に1976年9月5日号から1978年4月30日号まで連載された漫画作品。

概要[編集]

永井豪が『デビルマン』、『バイオレンスジャック』に続いて『週刊少年マガジン』誌上に発表した伝奇ロマンである。連載のかなり早い段階で結末が決定しており、それまでの伏線の数々がその結末へ収束していく、永井豪にしては珍しい作品である。この作品自体を描いている間、体調不良など祟りと思われる現象が起こった、と作者は後に語っている。

あらすじ[編集]

結婚の報告をしに墓参りに来た柴夫妻の目の前に、襲い掛かる鬼の手から赤ん坊を守る「戦鬼」が現れた。戦鬼は、柴夫妻に「15年たったら迎えに来る」と赤ん坊を託す。柴夫妻は「子郎」と名づけられた子を、我が子のように育てた。そして15年たち、次第に子郎の周りには奇怪なことが起こる。

主な登場人物[編集]

「声」は後述するOVA版において配役された声優

手天童子郎(しゅてんどう じろう)
声:堀川亮
この物語の主人公。生まれて間もない赤子姿の時に、戦鬼に守られ現代社会へ現れた。その際、その場に居合わせた柴夫妻に預けられ、酒呑童子にちなんで「手天童子郎」と名づけられる。苗字を「柴」としなかったのは、同じく居合わせた和尚の、15年後に迎えが来るのだからとの助言から。成長するにつれ、額に2本の角が現れたり超人的な力を身につけたりと、自身が鬼の化身「手天童子」であることに気づき始めた。その頃より周囲で奇妙な出来事が起こり、次第に謎の戦いへと巻き込まれる。暗黒邪神教を倒した後、「鬼獄界(おんごくかい)」へ旅立つが、2100年の未来、平安時代を経て鬼獄界にたどりつき、最終的には現代に戻ってくる。
「意志を持ったエネルギー」とでも呼べる存在であり、終盤では太陽光などからのエネルギー吸収なども行えるようになった。
柴竜一郎(しば りゅういちろう)
声:池水通洋
子郎の養父。新婚の頃に墓参りに訪れた寺で、目の前に現れた戦鬼により赤ん坊を託され、我が子のように育てる。子郎にまつわる謎を追う。
柴京子(しば きょうこ)
声:高木早苗
子郎の養母で、竜一郎の妻。竜一郎同様、子郎を我が子のように溺愛する。そのため、子郎が鬼獄界へ旅立ったことを「鬼によって異空間に連れ去られた」と思い、発狂してしまう。入院した病院では、鬼への怨嗟から病室の壁に鬼が互いに争い、傷つけあう絵を描き始める。これの絵が物語の謎を解く大きな鍵となる。
白鳥美雪(しらとり みゆき)
声:島本須美
子郎に好意を持つ女の子。高校では同級生でもある。子郎たちの戦いに巻き込まれ、ともに鬼獄界へ旅立つが、自身は平安時代へタイムスリップする。
敵に捕まることが多く、その度に衣服を剥ぎ取られ、全裸にされてしまう不運な少女。原作・アニメ共に裸での登場がかなりの割合を占める。しかし、命の危機に何度も遭いながらも子郎への一途な愛情は変わることなく、人間の中では最後まで子郎と行動を共にした人物である。
白鳥勇輔(しらとり ゆうすけ)
美雪の兄で、妹を溺愛している。危険が及ぶからと、当初、子郎は美雪を遠ざけており、それによって悲しむ美雪を見かねて子郎に喧嘩を仕掛けたこともあった。後に子郎と共に戦い、壮絶な最後を迎える。
大山直次郎(おおやま なおじろう)
関東一円をしきる代紋組組長の跡取り。実は「手天童子」を守ってきた鬼の子孫。鬼谷との戦いで子郎たちを逃がすため、鬼に食われて壮絶な最期を遂げる。
無双力 (むそう りき)
通称、「リッキー」。「手天童子」を守ってきた鬼の子孫で、元女子プロレスラー。子郎を守って絶命する。
梶工作 (かじ こうさく)
「手天童子」を守ってきた鬼の子孫。暗黒邪神教の幻魔衆には及ばないもののESPの持ち主であり、幻魔衆の幻覚攻撃を跳ね返すことができる。
小谷椰子夫 (こや やしお)
通称「こややし」。 「手天童子」を守ってきた鬼の子孫。相撲部キャプテンであり怪力の持ち主。少々ヌケたところもあり、幻覚攻撃にかかりにくい。
種村先生(たねむら)
子郎たちの担任である女性教師。「暗黒邪神教」に人質にされ、子郎に助けられるも死亡した。
鬼谷(きたに)
声:石丸博也
新任の生物教師。鬼の一族を名乗る。正体は「暗黒邪神教」の魔導師。
邪腕坊苦海(じゃわんぼう くかい)
「暗黒邪神教」争魔衆の1人。鬼の腕を持つ異形の男だが、アイアンカイザーの記憶の中では一人の父親だった。
魔邪利妖念(まじゃり ようねん)
「暗黒邪神教」の宗主。
アイアンカイザー
声:大塚明夫
邪腕坊苦海の息子。父の仇と、子郎たちを狙うサイボーグ戦士。
21世紀中に地球を攻めてきた異星人を撃退した英雄であり、その功績からあらゆる超兵器(原爆やブラックホール発生器相当の兵器など)を身体に内蔵することを許可されている。
母の予知した父の仇である子郎の来る日を待ち続け、全身をサイボーグ化していった。
理論上、生物は送れないタイムマシンで子郎が過去へと戻った(子郎はエネルギー体であるため過去への移動が可能)際にも、無理やり過去へと戻り、その執念から異形の姿になりながらも、復讐の念と共に平安時代へたどりつく。

子郎を守る鬼たち[編集]

戦鬼
声:郷里大輔
襲い掛かる鬼を払いのけ、「15年後に迎えに来る」と竜一郎に子郎を託した巨大な鬼。子郎が成長するまで、姿を隠しながらも常にその傍についていた。子郎と共に戦いの旅を続ける。物語のクライマックスでは、自分は護鬼と違って余りにも怪物であり、そのために人間界には住めないと考えて鬼獄界の戦いで生き残った、かつては敵であった鬼たちを連れて、時代も空間も遠く離れた宇宙へと旅立つ。
護鬼
声:玄田哲章
子郎と共に戦いの旅を続ける鬼で、角は2本。体長は比較的人間サイズである。子郎には、時には部下、時には師、そして時には父のように接する。その顔は若き日の竜一郎に似ていた。鬼獄界での鬼達との最後の戦いの後、平安時代の日本での生活を選ぶ。

物語の世界観[編集]

鬼獄界(おんごくかい)
無の空間にある日突然発生した異形の星。鬼の世界。四角い箱の様な形でその内側に互いに争い、殺し合う「鬼の世界」が存在する。
結命党
鬼を崇拝する、不良たちの集団。
暗黒邪神教
鬼の血を引くものたちの教団。
大暗黒死夜邪来
邪神教の本尊であり、鬼獄界の創造主とされる。頭上には女性の顔があり、その顔は京子に瓜二つである。
魔邪利妖念一派
争魔衆
邪腕坊苦海をはじめとした異形の肉体と、異形の力をもった者たち。
幻魔衆
幻覚などESPに長けた者たち。
魔導四天王
鬼聞天 殺聖
鬼長天 邪王
鬼目天 大魔
鬼国天 死神

単行本[編集]

  • KCマガジン 全9巻 1977年 講談社
  • KCスペシャル 全5巻 1985年 講談社刊
  • 豪華愛蔵版 全6巻 1988年 講談社刊
  • 扶桑社文庫 全6巻 1996年 扶桑社
  • 講談社漫画文庫 全4巻 2001年 講談社刊

小説[編集]

永井泰宇(永井豪の実兄)によるノベライズ。泰宇はダイナミックプロのスタッフとして、漫画の創作にも準備段階から関わっていた。

アニメ[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:西村純二(1,2話)、川越淳(3話)、須藤昌朋(4話)
  • 脚本:十川誠志
  • 作画監督:本橋秀之(1,2話)、平山智・須藤昌朋(3,4話)
  • 音楽:安西史孝
  • 美術監督:松宮正純
  • 撮影監督:細野正
  • 音響監督:山崎あき
  • アニメーション制作:スタジオシグナル

サブタイトル[編集]

  1. 憑鬼の章(1989年12月21日発売)
  2. 降魔の章(1990年7月1日発売)
  3. 鉄鬼の章(1991年3月1日発売)
  4. (完結編)鬼獄の章(1991年12月21日発売)

邪神戦記[編集]

月刊プリンセス』1975年2月号に掲載された短編で掲載時は「手天童子」というタイトルであったが後に「邪神戦記」に改題されている。役小角の子孫である小角ゆう(女子中学生)が、ある日突然鬼に襲われるという物語で、『バイオレンスジャック』「アイアンカイザー編」に引用されている。本来は「手天童子編」の予定であったが、書こうとすると体調が悪くなったため、変更するに至ったという。

降魔伝 手天童子[編集]

チャンピオンRED』(秋田書店)にて、2002年10月号から2005年12月号まで連載された夏元雅人によるリメイク作。オリジナルのキャラクターに加え、えん魔くん一党キューティーハニーを元にしたキャラクターも登場する。

関連項目[編集]