扇形庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都市下京区にある梅小路機関区の扇形庫
彰化駅構内にある扇形庫。

扇形庫(せんけいこ)(英:roundhouse)は、鉄道機関車格納庫の一形態であり、転車台を中心として構築された、扇形の格納庫をいう。

かつての蒸気機関車は前後の区別があったため、進行方向を変えるには機関車の向きを変える必要があった。このため多くの駅に向きを変える転車台があったが、機関区を併設する場合に扇形庫を活用すれば分岐器の数や設置面積を大幅に節約できるため、多くの機関区でこの形が用いられた。 その後、時代が下って電気機関車ディーゼル機関車の時代となった後は、雪かき車などの一部車両を除いて前後転回を必要としなくなったため、転車台とともに徐々に姿を消していき、残存数は少ない。

現存する主な扇形庫[編集]

日本[編集]

台湾[編集]

ポーランド[編集]