戸部けいこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戸部 けいこ(とべ けいこ、1957年7月30日 - 2010年1月28日)は、日本漫画家兵庫県出身。本名非公表。作品に『光とともに…』がある。

人物[編集]

関西大学経済学部卒業[1]1986年秋田書店月刊プリンセス』掲載の『亜季のゴール』で漫画家活動開始[1]。家族構成は、戸部本人と夫、長男、次男の4人家族。2人の息子は彼女の仕事を助けていた。影響を受けた人物・事柄として槇村さとる山崎豊子、自らの育児経験を挙げる[1]

フォアミセス』(秋田書店)で連載した『光とともに…』は、多くの自閉症の子供を抱える親、施設関係の人に取材を重ねて描く。2004年、同作品で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。同年4月には日本テレビでテレビドラマ化される。その後、韓国・香港・台湾・アメリカ合衆国・カナダでも、現地語に翻訳、出版された。2009年中皮腫を患い[2]、同年3月号から同作を休載して闘病生活を送り、2010年1月28日、千代田区内の病院で満52歳で死去した[3] [4]。『光とともに…』は未完の遺作となり、単行本化されていない原稿や病床に残された未発表の原稿とネーム、『光とともに…』に先駆けて『フォアミセス』に掲載された2作品(『さんきゅう先生』『春のまなざし』)を編集し、第15巻が刊行された。

作品[編集]

国立国会図書館蔵書[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 光とともに… ~自閉症児を抱えて~、文化庁メディア芸術プラザ、2010年1月30日閲覧。
  2. ^ 2010年7月29日放送福祉ネットワーク 『“光”からあなたへ -漫画家 戸部けいこさんが遺したもの-』より。
  3. ^ “訃報:戸部けいこさん52歳=漫画家”. 毎日新聞. (2010年1月29日). http://mainichi.jp/select/person/news/20100130k0000m060020000c.html 2010年1月29日閲覧。 
  4. ^ “戸部けいこさん死去 漫画家”. 共同通信. (2010年1月29日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012901001079.html 2010年1月29日閲覧。 
  5. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月30日閲覧。