戸塚安行駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸塚安行駅
戸塚安行駅2番出入口
戸塚安行駅2番出入口
とづかあんぎょう - Tozuka-angyō
新井宿 (2.5km)
(2.2km) 東川口
所在地 埼玉県川口市大字長蔵新田331-1
所属事業者 埼玉高速鉄道
所属路線 埼玉高速鉄道線
キロ程 10.0km(赤羽岩淵起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
6,404人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 2001年平成13年)3月28日
戸塚安行駅3番出入口
戸塚安行駅3番出入口
戸塚安行駅ホーム
戸塚安行駅ホーム

戸塚安行駅(とづかあんぎょうえき)は、埼玉県川口市大字長蔵新田にある埼玉高速鉄道線である。

歴史[編集]

  • 2001年平成13年)3月28日 - 開業。駅名は現在の地区名の戸塚(とづか)と安行をあわせて付けた。なお、駅名決定までの仮称は「川口戸塚駅」だった。

駅構造[編集]

島式1面2線のホームをもつ地下駅。保安用にホームドアシステムを装備する。ホームドアの色は黄色

地下1階が改札階、地下2階がホーム階となっている。バスが発着する3番出入口にエレベータが設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 埼玉高速鉄道線 下り 東川口浦和美園方面
2 上り 赤羽岩淵目黒日吉方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は6,404人であり[1]川口元郷駅に次ぐ第4位である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[2]
年度 乗車人員
2010年(平成22年) [1]5,908
2011年(平成23年) [1]5,961
2012年(平成24年) [1]6,202

駅周辺[編集]

川口市の安行地区は植木の街として全国的に有名であり、安行周辺は植木屋や花屋など植物に関係する施設や商店が多い。

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
戸塚安行駅 1 川19 新町東・木曽呂・グリーンセンター 川口駅東口 国際興業
西川04 安行支所・慈林・鳩ヶ谷庁舎 西川口駅東口
東川84 赤芝入口 鳩ヶ谷車庫
3 川10 新兵衛・二ツ橋・新栄小学校 新栄団地 東武バスセントラル 毎日運行だが本数少
川10 安行支所・江戸袋・十二月田中学校 川口駅東口 毎日運行だが本数少
4 鳩05,西川04,東川84 長蔵二丁目・戸塚支所 東川口駅南口 国際興業
10 川口05 峯八幡宮→川口市立医療センター→新井宿駅→東川口駅南口方面 戸塚・安行循環:戸塚安行駅(時計回り) みんななかまバス 運行日:平日・土曜
川口05 東川口駅南口→川口市立医療センター→新井宿駅→峯八幡宮方面 戸塚・安行循環:戸塚安行駅(反時計回り) みんななかまバス 運行日:平日・土曜
  赤13   (東川口駅北口) 国際興業 深夜バス
降車専用(赤羽駅発)
平日深夜運行
  • みんななかまバス=川口市コミュニティバス 運行は国際興業バス

隣の駅[編集]

埼玉高速鉄道
埼玉高速鉄道線
新井宿駅 - 戸塚安行駅 - 東川口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 経営状況・輸送状況 - 埼玉高速鉄道
  2. ^ 埼玉県統計年鑑による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]