戦国 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦国 完全日本語版
Sengoku: Way of the Warrior
ジャンル 歴史シミュレーションゲーム
対応機種 Microsoft Windows
発売元 パラドックスインタラクティブ(英語版)
サイバーフロント(日本語版)
販売元 Steam、GamersGate他
人数 シングルプレイヤー、マルチプレイヤー
メディア CDダウンロード販売
発売日 2011年9月13日(英語版)
2012年1月27日(日本語版)
デバイス キーボードマウス
必要環境

PC[1]

エンジン クラウゼヴィッツエンジン
テンプレートを表示

戦国』(せんごく、英語: Sengoku: Way of the Warrior)は、スウェーデンのゲーム会社パラドックスインタラクティブ2011年に発売した歴史シミュレーションゲーム。その名が示す通り、日本戦国時代をテーマとしている。日本では2012年サイバーフロントより『戦国 完全日本語版』として発売されている。

応仁の乱が勃発した1467年から、大坂の陣後の1620年までの戦国時代の日本を舞台としており、プレイヤーは大名国人といった当時の戦国武将の一人を選んでプレイすることになる。ゲームシナリオとしては、1467年開始の応仁の乱シナリオと1551年開始の織田信長登場後のシナリオが用意されている[2]。ゲームマップは東北から九州まで350の郡(こおり)に分割された日本で、その半分を支配し「将軍」となることが勝利条件となる[3]

ゲームシステムは1日ごとに進んでいくリアルタイムストラテジー。ゲーム内容的にもシステム的にも、中世ヨーロッパ封建制を扱った同社のCrusader Kings IIと似通っており、ゲームエンジンにも同じくクラウゼヴィッツエンジン2.5が使用されている。当主一人では広大な領土の全てを管理することは出来ないため、領土を一族や家臣に任せつつ、時に当主争いや家臣の内乱に悩まされながら、勢力を拡大していくことになる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]