我が母の教えたまいし歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

我が母の教えたまいし歌チェコ語Kdyz mne stará matka)とは、アントニーン・ドヴォルジャーク1880年に作曲した《ジプシー歌曲集》作品55の第4曲のことである。アドルフ・ハイドゥークによるチェコ語詩から作曲者自身がドイツ語訳した詞に作曲した。同曲集の中で、またドヴォルジャークの歌曲の中では最も有名で、フリッツ・クライスラーが、《ユーモレスク 変ト長調》《遠き山に日は落ちて》《スラヴ舞曲 ホ短調》と同じくヴァイオリンピアノのために編曲したことによって、いっそう有名になった。

日本語名の「我が母の教えたまいし歌」は、英語名“Songs My Mother Taught Me ”からの訳であり、ドイツ語では、「老いた母さんが歌うことを私にまだ教えてくれた時 Als die alte Mutter mich noch lehrte singen 」という題名と歌詞になっている。NHKでは「母が教えてくれた歌」と表記し、CD等の音楽ソフトでもその様に表記される事が多い。


伝統的にソプラノ歌手によって好んで取り上げられており、歴史的にはネリー・メルバジョーン・サザーランドらによって歌われてきた。またポール・ローブソンの愛唱歌としても知られている。

貫井徳郎小説『光と影の誘惑』において、「我が母の教えたまいし歌」は、堀内敬三が訳したいくつかの歌曲とともに各章の名称に利用されている。