成長因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成長因子(せいちょういんし)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間の信号物質として働く。

「成長因子」の語は歴史的には、種々の生物や組織に対して成長を促進する物質を指し、ビタミンなども含んだが、現代ではほとんどの場合、上記の意味で用いられる。

同様の機能を有するサイトカインあるいはホルモンとして扱われるものもあり、また細胞の増殖よりも分化・成熟を促進するものもある。例えば、アクチビンははじめ、性周期に関与するペプチドホルモンとして知られたが、胚発生の過程で一種の細胞増殖・分化因子としても働くことが明らかになった。

成長因子とサイトカインという用語は今日しばしば同義語のように扱われる。サイトカインは造血系免疫系での体液を介した細胞間情報伝達の実体として明らかにされたものであり、一方、成長因子は固形組織の研究から明らかにされたものである。成長因子・増殖因子という語は増殖を促進することを意味するが、サイトカインはそのような意味を含まない。しかし、今日では各種研究成果が互いにつながった結果、造血系・免疫系のタンパク質が他の組織で、あるいは発生過程で用いられている例も明らかになった。G-CSFGM-CSFなどのサイトカインは成長因子でもあるが、細胞増殖に対して抑制的影響を与えるサイトカインもあるし、Fasリガンドのように細胞死(アポトーシス)を引き起こすサイトカインさえある。

神経成長因子(Nerve growth factor:NGF)は増殖ではなく、神経細胞としての成長・成熟を促進する。エリスロポエチンは一種のサイトカインであるが、特定組織(腎臓)から分泌されて他の組織(骨髄)に影響を与えるのでホルモンとしても扱われる。

代表的な成長因子には次のようなものがある。

成長因子は構造的・進化的に関係のあるいくつかのファミリーに分類することができる。このファミリーにはTGF-β骨形成タンパク質(bone morphogenic protein:BMP)、ニューロトロフィン(神経栄養因子:NGF、BDNF、NT3など)、線維芽細胞増殖因子(FGF)などがある。成長因子は現在、医療でも盛んに用いられている。