成帯土壌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成帯土壌(せいたいどじょう、: zonal soil)とは、気候帯植生に関係し、気候帯と分布が一致する土壌のこと。間帯土壌と対になる。その分布は気候帯・植生帯と類似する。

事例[編集]

分類[編集]

湿潤土壌[編集]

半乾燥土壌[編集]

肥沃な土地が多く大雨による腐植土の溶脱が少ないステップ気候に集中する。

乾燥土壌[編集]

関連項目[編集]