懐来県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 河北省 懐来県
鶏鳴駅城
鶏鳴駅
旧称:沮陽・懐戎


中心座標 北緯40度23分51秒 東経115度30分41秒 / 北緯40.39750度 東経115.51139度 / 40.39750; 115.51139
簡体字 怀来
繁体字 懷來
拼音 Huáilái
カタカナ転記 ファンライ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
河北
地級市 張家口市
行政級別
面積
総面積 1,164 km²
人口
総人口(2006) 22 万人
経済
電話番号 0313
郵便番号 076250
行政区画代碼 130729
公式ウェブサイト http://www.zjkhl.gov.cn/

懐来県(かいらい-けん)は中華人民共和国河北省張家口市に位置する


鶏鳴駅郷にある鶏鳴駅は、明朝初期(またはそれ以前)に建てられた、駅伝制度に基づくの現存最大の例であり、1961年に全国重点文物保護単位に指定されている。

歴史[編集]

秦代に現在の県城南東部に設置された沮陽県を前身とする。漢代には且居県という県があった。南北朝時代北魏により廃止された。

702年長安2年)、北斉により現在の涿鹿県南西部に設置されていた懐戎県が遷県された。遼代懐来県と改称され現在に至る。

県城の東10kmに位置する土木堡は万里の長城の防御網の一部で、明代の北京北方の三大堡の一つであったが、ここが中国皇帝が異民族の捕虜となった土木の変の舞台となった。

行政区画[編集]

  • 鎮:沙城鎮、新保安鎮、官庁鎮、東花園鎮、土木鎮、北辛堡鎮、西八里鎮、大黄荘鎮、小南辛堡鎮、桑園鎮、存瑞鎮
  • 郷:狼山郷、鶏鳴駅郷、東八里郷、瑞雲観郷、孫荘子郷、王家楼郷
中国地名の変遷
建置 秦代
使用状況 懐来県
沮陽県
前漢 沮陽県
後漢 沮陽県
三国 沮陽県
西晋 沮陽県
東晋十六国 沮陽県
南北朝 廃止<smali>(北魏)
懐戎県
五代 懐戎県
北宋/ 懐来県
南宋/ 懐来県
懐来県
懐来県
懐来県
中華民国 懐来県
満州国 懐来県
現代 懐来県