慈光院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慈光院
Jikoin teien.jpg
書院から望む庭園
所在地 奈良県大和郡山市小泉町865
位置 北緯34度37分55.34秒
東経135度45分28.81秒
山号 円通山
宗旨 臨済宗
宗派 大徳寺派
本尊 釈迦如来
創建年 寛文3年(1663年
開基 片桐貞昌、玉舟(開山)
正式名 円通山慈光院
別称 茶の湯の寺
文化財 書院・茶室(国の重要文化財)
庭園(国の名勝及び史跡)
テンプレートを表示

慈光院(じこういん)は奈良県大和郡山市小泉町にある臨済宗大徳寺派の寺院である。山号は円通山。本尊は釈迦如来石州流茶道の祖・小泉藩主片桐石見守貞昌(石州)が創建した。

歴史[編集]

寛文3年(1663年)に石州流茶道の祖・片桐石見守貞昌(石州)が父・貞隆の菩提寺として大徳寺185世・玉舟和尚(大徹明應禅師)を開山に迎え建立。慈光院の名は父・貞隆の法名「慈光院殿雪庭宗立居士」から採られた。

建造物[編集]

農家風の外観をもつ慈光院の中心的な建物。入母屋造茅葺屋根に桟瓦の庇をめぐらし、十三畳の上の間と、中の間、下の間からなる。上の間には床・付書院を備えているものの、長押は省かれ、簡素で軽やかな意匠である。また全体に天井鴨居の高さを低くしており、座ったときに安らぎや落ち着きが出るよう熟慮されている。奈良盆地の眺望が素晴らしいことでも名高い。北側には三畳逆勝手[1]の閑茶室がある。
片桐石州好みの二畳台目[2]の席。床(とこ)前を点前座とした亭主床の構えをとる。
  • 茨木門
徳川家康の発した一国一城令により取り壊された片桐石州の出生地でもある摂津茨木城の楼門をもらい受けたもので、屋根を書院と合わせて茅葺きに葺き替えて慈光院の山門とされた。
白砂の中にツツジなどの大刈込があり、その向こうには奈良盆地が広がる。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

女の字手水鉢
  • 書院 附:手水鉢3箇(独坐の手水鉢、角ばらずの手水鉢、女(め)の字の手水鉢)
  • 茶室 附:蹲踞(つくばい)1箇

名勝・史跡[編集]

  • 庭園

その他[編集]

  • 片桐石州像
石州が自分のために大徳寺の中に建てた「高林庵」にまつった34歳の時の自作の像で、廃仏毀釈で高林庵が廃寺になったため、慈光院に移された。

拝観[編集]

  • 拝観時間:午前9時-午後5時(年中無休)
  • 拝観料:1,000円

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 逆勝手とは、茶室の炉の切り方の一種で、亭主から見て左側に客が座るように炉を切るもの
  2. ^ 二畳+台目畳(だいめだたみ、長さが通常の畳の4分の3の畳)の広さ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]