愛知縣護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛知縣護國神社
所在地 愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3
位置 北緯35度10分46秒
東経136度53分59秒
主祭神 護国の英霊
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 明治2年(1869年)
例祭 4月28日 - 30日
10月28日 - 30日
テンプレートを表示

愛知縣護國神社(あいちけんごこくじんじゃ)は、愛知県名古屋市中区にある神社護国神社)である。

戊辰戦争から第二次世界大戦までの愛知県関係の戦没者9万3千余柱を祀る。

歴史[編集]

明治元年(1868年)、尾張藩徳川慶勝が、戊辰戦争で戦死した藩士ら25人の霊を、現在の名古屋市昭和区川名山に祀り、翌明治2年5月、「旌忠社」として祠を建てたのに始まる。明治8年に招魂社となり、明治34年(1901年)には官祭招魂社となった。大正7年(1918年)、城北練兵場(現在の名城公園内)に、更に昭和10年(1935年)には現在地に遷座、昭和14年に愛知縣護國神社に改称した。第二次世界大戦後「愛知神社」に改称していたが、昭和30年に元の社名に復した。

昭和10年遷座時の社殿は、昭和20年3月19日の空襲で一切を焼失した。昭和33年に本殿・拝殿等、昭和57年に社務所、平成10年に神門・舞殿・廻廊が再建された。 また、平成20年4月には特攻勇士の像が建立された。

外部リンク[編集]