愛新覚羅端華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

端華(あいしんかくら たんか、1807年- 1861年)、の皇族。粛順の兄。

鑲藍旗人。清の開国の功臣でヌルハチの弟シュルガチの第4子鄭親王ジルガランの7世の子孫。1825年、三等輔国将軍に封ぜられる。1846年に鄭親王の爵位を継ぎ、総理行営事務大臣と御前大臣に任ぜられた。道光帝の死の際に顧命を受け、咸豊帝が即位すると領侍衛内大臣となった。1861年、咸豊帝が熱河の行宮で重病に陥ると、端華・粛順・怡親王載垣ら8人らが賛襄政務王大臣となり、政務を統轄した。しかし西太后恭親王奕訢らによる辛酉政変の結果、自殺を命じられた