愛宕神社 (東京都港区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛宕神社
Atago Jinja.jpg
一の鳥居
所在地 東京都港区愛宕一丁目5番3号
位置 北緯35度39分53.2秒
東経139度44分54.4秒
座標: 北緯35度39分53.2秒 東経139度44分54.4秒
主祭神 火産霊命
社格 旧村社
創建 1603年
例祭 9月22日24日
テンプレートを表示
丹塗りの門と社殿

愛宕神社(あたごじんじゃ)は、東京都港区愛宕一丁目にある神社である[1]山手線内では珍しい自然に形成されたである愛宕山標高26m)山頂にある。京都愛宕神社が総本社である。

防火・防災に霊験のある神社として知られる。

祭神[編集]

歴史・勝軍地蔵菩薩[編集]

1603年慶長8年)、徳川家康の命により創建[1]。また、徳川家康が信仰した勝軍地蔵菩薩を勧請し、愛宕神社を創建。同神社の本地仏として別当寺の円福寺に祀ったことにはじまる。明治の廃仏毀釈により円福寺が廃寺になると、勝軍地蔵菩薩像は近くの真福寺に移されたが関東大震災で焼失。1934年の弘法大師1100年御遠忌記念として銅製で復元され、現在は、1997年に建設された真福寺・愛宕東洋ビル一階外側に祀られている。

主な祭事[編集]

  • 千日詣り(6月23日夜~24日早朝) - この両日に社殿前にしつらえた茅の輪をくぐり参詣すれば千日分の御利益があるとされた。別名・茅の輪くぐり。同時に催されるほおずき市はこの地が元祖。
  • 例大祭(9月22日24日) - 別名・出世の石段祭。2年に1度、神輿が男坂(出世の石段)を行き来する。

出典[編集]

  1. ^ a b 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典13 東京都』角川書店、1978年、1004頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]