愛媛県立松山中央高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛媛県立松山中央高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛媛県
校訓 CHALLENGE
設立年月日 1987年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
高校コード 38155B
所在地 791-1114
愛媛県松山市井門町1220番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛媛県立松山中央高等学校(えひめけんりつまつやまちゅうおうこうとうがっこう)は愛媛県松山市に位置する高等学校

概要[編集]

生徒数は1180名(2008年)。この学校の行事として、「凧揚げ」や「セントラルマラソン(ハーフマラソン)」がある。全国的に珍しく、ほとんどの生徒が自転車で登校しており、徒歩で登校する生徒はまれである。完全下校時刻は一番遅いときでも19時とかなり早い。修学旅行の行き先には沖縄シンガポール北海道関東がある。松山市内の高等学校としては、運動場が広く、300mトラックが2つ作れる。2006年度から2008年度まで、文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール (SELHi) の指定を受けていた。「中央」の由来は、松山平野のほぼ中央に位置するためである。そのため、愛媛県立松山南高等学校よりも南にある。県内での略称は「中央」。

設置学科[編集]

コース[編集]

  • 二年生になると、コース選択がある。コースは、英語系コース、人文系コース、理数系コース、医療看護系コースの4つである。また、三年生になると、国公立大学私立大学への進学等で更に細かくコースが分かれる。

設備[編集]

  • 各HR教室にエアコンが設置されている。
  • 更衣室にはシャワーがある(今は使われていない)。
  • 県立高には珍しく、売店がなく近くの福祉施設がパンを売りにくるだけである。

沿革[編集]

  • 1986年 - 愛媛県立学校設置条例公布。
  • 1987年 - 愛媛県立松山中央高等学校設置。
  • 1996年 - 創立10周年記念式典。
  • 2006年 - 創立20周年記念式典。

主な行事[編集]

  • 4月 入学式・一年生集団宿泊訓練
  • 5月 創立記念スポーツ大会・凧揚げ大会
  • 6月 グループマッチ
  • 7月 英語サマーキャンプ
  • 9月 運動会
  • 10月 中央祭・レシテーションコンテスト
  • 11月 留学生との交歓会
  • 2月 セントラルマラソン
  • 3月 卒業式

セントラルマラソン[編集]

愛媛県内の高校屈指の長距離を走る校内マラソン大会である。男子の場合、学校がある井門町から重信川の土手を川内方面に走り、上村大橋の辺りで折り返し学校にもどる、全行程21.0975kmのハーフマラソンである(給水所が何箇所かある)。

女子は、男子の半分の距離を走る。天気によって川風の向きが変わり、行きは追い風・帰りは向かい風となったり、その逆もある。また、途中で天候が変わっても、よほどのことが無ければ中断しない。マラソンを走る体力をつけるため、11月ごろから練習が始まり、徐々に距離を伸ばしていく。そのため、ほとんどの生徒が完走できる。体育の授業はスパルタ式で非常に厳しく、体操服は10年ほど前まで半そでシャツに男子は短パン、女子はブルマが一年中義務付けられていた。冬の体育授業は、連日マラソンの練習が続き、雪の日でもジャージ着用は不可だったが、現在は女子はハーフパンツに変更されている。

出身者[編集]

最寄駅[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]