愛はかげろうのように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛はかげろうのように」(あいはかげろうのように、原題 I've Never Been to Me)は、1976年アメリカの歌。1977年にリリースされたシャーリーンのバージョンが代表的なものとして知られる。作者はモータウンのヒットメーカーとして知られるロナルド・ノーマン・ミラー (en:Ron Miller (songwriter))とケネス・ハーシュ (en:Ken Hirsch)による。

この記事では、「I've Never Been to Me」のシャーリーン以前にリリースされたバージョンや各種カバーについても記述する。

概要[編集]

オリジナル版と初期のレコーディング[編集]

最初に録音がリリースされたのは、ランディ・クロフォードの歌唱版で、彼女の1976年のアルバム「Everything Must Change」に収録されたものである。このほか1977年には、シャーリーンのバージョンのほかにも、ナンシー・ウィルソンやウォルター・ジャクソン (en:Walter Jackson (singer))によって録音され、ナンシー・ウィルソンのバージョンは、この歌の初めてのシングルカットとしてビルボードのR&Bチャートで47位まで上昇した。ウォルター・ジャクソンのバージョンは、男性の視点に修正した歌詞で歌われたが、1977年春に出た彼のアルバム「I Want To Come Back As A Song」に収録されている。

1978年2月に、メアリー・マグレガー (en:Mary MacGregor)によるバージョン(邦題は「幸福(しあわせ)はかげろうのように」[1])が、彼女のアルバム「In Your Eyes」からの先行シングルとしてリリースされた。このバージョンはビルボードのイージーリスニングチャートで29位に達した。1978年にはマーティ・カイン (en:Marti Caine)もアルバム「Behind the Smile」用にこの歌を録音してシングルカットし、ドイツの歌手マリー・ロース (de:Mary Roos)はミヒャエル・クンツェのドイツ語詞によるカバー「Doch mich selber kenn ich nicht」をアルバム「Maryland」に収録している。

シャーリーン版のヒット[編集]

シャーリーンは、1977年発売予定のアルバム「Charlene」のため、1976年に「愛はかげろうのように」を録音した。同曲はこのアルバムの三番目のシングルとして1977年9月にリリースされたが、ビルボードの最高順位で97位と、同じアルバムからのシングルの「It Ain't Easy Coming Down」や「Freddie」(それぞれビルボードで最高23位と40位)より低い順位に終わった。

1982年フロリダ州タンパラジオ局で放送されたことから人気が急上昇、アメリカのヒットチャートで3位、イギリスで1位、1983年にはオーストラリアで6週連続1位を獲得するなど世界的大ヒットとなった。1994年の映画『プリシラ』でも使用された。

シャーリーン以降のバージョン[編集]

「I've never been to me」は、シャーリーンの歌唱版がヒットした後も数多くの歌手によってカバーされた。英語以外でも、スペイン語ドイツ語スウェーデン語日本語韓国語中国語広東語等に訳されており、スペイン語版はシャーリーン本人が歌っている(中国語圏のカバーに関しては中国語Wikipediaを参照)。

日本では小柳ゆき岩崎宏美原田真純小室みつ子などが歌っている。中でも椎名恵による1986年の日本語カバー曲「LOVE IS ALL 〜愛を聴かせて〜」がよく知られている。

歌詞の内容は、おそらくは老境にさしかかった孤独な女性が、過去の奔放な人生を悔恨し、平凡な家庭生活を送る女性に安直な空想を現実にしないよう戒めるというものである。この内容と関係あるかどうか不明だが、一時期、ポーラ (企業)の化粧品やパナソニックのハンディービデオカメラ「愛情サイズ」など、若い母親向けのCMに使われたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp?trxID=F20101&WORKS_CD=0I138528&subSessionID=001&subSession=start