愛はかげろうのように

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

愛はかげろうのように」(あいはかげろうのように、原題 I've Never Been to Me)は、1976年アメリカで発表されたシャーリーンの歌である。

概要[編集]

1976年の発売時にはあまり売れなかったが、1982年フロリダ州タンパラジオ局で放送されたことから人気が急上昇、アメリカのヒットチャートで3位、イギリスで1位、1983年にはオーストラリアで6週連続1位を獲得するなど世界的大ヒットとなった。1994年の映画『プリシラ』でも使用された。

メロディーの美しさから数多くの歌手によってカバーされており、日本では小柳ゆき岩崎宏美原田真純などが歌っている。中でも椎名恵による1986年の日本語カバー曲「LOVE IS ALL 〜愛を聴かせて〜」がよく知られている。

日本語のほか、スペイン語ドイツ語スウェーデン語韓国語中国語広東語等に訳されており、スペイン語版はシャーリーン本人が、中国語版はテレサ・テンなどが、広東語版は周慧敏(ビビアン・チョウ)などが歌っている。

歌詞の内容は、おそらくは老境にさしかかった孤独な女性が、過去の奔放な人生を悔恨し、平凡な家庭生活を送る女性に安直な空想を現実にしないよう戒めるというものである。この内容と関係あるかどうか不明だが、一時期、パナソニックのハンディービデオカメラ「愛情サイズ」のCMに使われたことがある。