愛の勝利を ムッソリーニを愛した女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛の勝利を
ムッソリーニを愛した女
Vincere
監督 マルコ・ベロッキオ
脚本 マルコ・ベロッキオ
ダニエーラ・チェゼッリ
製作 マリオ・ジアナーニ
製作総指揮 オリヴィア・スレイテル
出演者 ジョヴァンナ・メッツォジョルノ
フィリッポ・ティーミ
音楽 カルロ・クリヴェッリ
撮影 ダニエーレ・チプリ
編集 フランチェスカ・カルヴェッリ
製作会社 Offside
Rai Cinema
Celluloid Dreams
配給 イタリアの旗 01 Distribuzione
フランスの旗 Ad Vitam Distribution
日本の旗 エスピーオー
公開 イタリアの旗 2009年5月20日
フランスの旗 2009年11月25日
日本の旗 2011年5月28日
上映時間 128分
フランスの旗ルクセンブルクの旗ベルギーの旗 118分
アメリカ合衆国の旗 121分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
ドイツ語
製作費 €9,000,000[1]
$13,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $5,698,001[2]
テンプレートを表示

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』(あいのしょうりをムッソリーニをあいしたおんな、Vincere)は2009年イタリアフランス合作映画。イタリア独裁者ベニート・ムッソリーニの若き日を支えた最初の「妻」として息子を生みながら、その存在が隠蔽された実在の女性イーダ ・ダルセル英語版の悲劇を描いた伝記映画である。主演のジョヴァンナ・メッツォジョルノが、第45回全米映画批評家協会賞で主演女優賞を受賞するなど様々な賞を受賞している。

日本では「イタリア映画祭2010」において2010年4月29日5月3日に『勝利を』の邦題で上映された[3]後、2011年5月28日から『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』の邦題で一般公開された。R15+指定

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

映画賞受賞など[編集]

映画公式サイトより[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Vincere (2009) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年8月25日閲覧。
  2. ^ a b Vincere (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2012年8月25日閲覧。
  3. ^ 「イタリア映画祭2010」 - 作品情報”. 朝日新聞社. 2012年8月25日閲覧。
  4. ^ イントロダクション:愛の勝利を ムッソリーニを愛した女”. オフィシャルサイト. 2012年8月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]