愛されるために、ここにいる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛されるために、ここにいる
Je ne suis pas là pour être aimé
監督 ステファヌ・ブリゼ
脚本 ステファヌ・ブリゼ
ジュリエット・サレ
製作 ミレナ・ポワヨ
ジル・サクト
音楽 エドゥアルド・マカロフ
クリストフ・H・ミュラー
撮影 クロード・ガルニエ
編集 アンヌ・クロッツ
製作会社 TSプロダクションズ
配給 フランスの旗 Rézo Films
日本の旗 セテラ・インターナショナル
公開 フランスの旗 2005年10月12日
日本の旗 2006年12月16日
上映時間 93分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

愛されるために、ここにいる(あいされるためにここにいる、Je ne suis pas là pour être aimé)は2005年フランス映画。フランスで小規模に公開されたが話題を呼び、半年以上のロングランを記録したドラマ。セザール賞にて3部門ノミネート。

ストーリー[編集]

50歳を迎えたジャン=クロードは、司法執行官という仕事にも嫌気が差しており、施設にいる年老いた父親や、離婚した妻との間の一人息子との関係もぎくしゃくし、孤独を感じる日々を送っていた。ある日、医者から健康のために運動することを薦められ、職場の向かいのビルで行われているタンゴのレッスンを受けることにする。

初めてのレッスンからの帰り道、ジャン=クロードはフランソワーズという若い女性に声をかけられる。彼女は子供のころジャン=クロードの近所に住んでいたといい、意外な再会に二人は打ち解けた雰囲気になってゆく。

ジャン=クロードとフランソワーズはレッスンの度に踊るようになり、徐々に惹かれあう。しかし、フランソワーズは自分が結婚間近であり、結婚式で踊るためにレッスンを受けていることをジャン=クロードに隠していた。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]