意地悪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

意地悪(いじわる)とは、悪口陰口を言う、嫌がらせ仲間はずれ暴言暴力をするなど、人につらくあたること[1]

意地悪する人の気持ち[編集]

意地悪をする背後にある気持ちには様々なものがある[2]。様々なタイプからいくつか例を挙げると、気分が悪いとき、痛みを持っているとき、が挙げられる[2]。人は気分が良く順調なときに、気分が良いことや順調なことをきっかけにいじめる、ということはまず無いのである[2]

ある人が、かつて自分自身が弱かった過去を持っていて、その弱さが原因で傷つけられた場合、(傷つけられないようにする方法は本当はいくつかあり、また弱さも含めて人の(自分の)全てをありのままに愛するという選択肢もあるのだが)その人が自分の弱さを憎み、それを嫌い、自分の中の弱さを消し去って強くなることで傷つけられないようにするという策を選択した場合、自分の弱さだけでなっく他の人の弱さまで憎悪し、他の人の中にも同様に弱さがあることすら許せなくなって意地悪をする、という場合がある[2]。また、心に痛みを持っている人が、その痛みを他人に分かって欲しいと思うとき、同じ気持ちになって(分かって)欲しい、とその相手に意地悪をする、という場合もある[2]

意地悪をするのは、思いやりに欠ける・無神経・怒りっぽい・自己中心的など意地悪な性格による場合と、嫉妬恨み欲求不満や自身の生活の不満を他人にぶつけて晴らそうとしている場合とがある[1]

意地悪への対応[編集]

相手にしない、言うべきことは言う、しかるべき人・所に訴える、などがある。しかし、どうしようもない人・危ない人もいるので、自分の身を守るという判断も大切[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 意地悪された 人間関係の悩みのヒント悩みのヒント
  2. ^ a b c d e 意地悪の裏にある心理を覗いてみよう~隠れた痛み~カウンセリングサービス すぐに役立つ心理学講座

関連項目[編集]

参照情報(外部リンク)[編集]