情報省 (イラン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

情報省ペルシャ語 وِزارَتِ اِطّلاعات جُمهوریِ اِسلامیِ ایران Vezarat-e Ettela'at Jomhuri-ye Eslami-ye Iran イラン・イスラーム共和国情報省)とは、イラン情報機関秘密警察。VEJA、VEVAK(Vezarat-e Ettela'at Va Amniyat-e Keshvarの略)とも呼ばれる。英語ではMISIRI(Ministry of Intelligence and National Security of the Islamic Republic of Iran)とも表記する。

歴史[編集]

王制時代には「SAVAK」(サヴァク)という情報機関があり、猛威を振るっていた。1979年イラン革命後に「SAVAMA」という情報機関が出来た。SAVAKとSAVAMAの繋がりはよく分かっていない。

当初、政府はSAVAKの要員を全て排除しようとしたが、SAVAKの要員にはイラクバアス党や反体制グループに浸透している者が多くおり、彼らをパージすると大打撃が予想された為に実際にはSAVAKの要員が多く雇用された。

学者のサイード・ハジャリアンによって省の編成は、ミール・ホセイン・ムーサヴィーイスラーム諮問評議会に提案された。 ルーホッラー・ホメイニーは大臣がムジュタヒド(イスラム法に詳しい人)である事を条件に、新しい情報機関を「省」とする事を認めた。 こうして1984年8月18日に情報省が誕生した。他の情報機関は情報省に統合された。

活動[編集]

  • 数々の反体制派を殺害したといわれる。1998年後半には反体制派の作家3人と政治指導者、そして彼の妻がイランで殺害された。この事件では国際的に非難が高まり、それがきっかけで10年以上に渡る犯罪の記録が公開された。その後、犯人として同国情報省次官サイード・エマーミーが容疑者として逮捕され、「外国のスパイだった」とされた。サイード・エマーミーはその直後に刑務所内で死亡した。イラン政府は「獄中で脱毛剤を飲み自殺した」と発表している。詳しくはChain murders of Iran(英語版)を参照。
  • 国内の宗教活動を細かく監視しているという。
  • ヒズボラ等を支援しているといわれ、欧米から度々非難を受けている。2012年にはアメリカ合衆国は情報省を経済制裁の対象に追加している。

組織[編集]

情報省の構成は、以下のとおり。

  • 管理局
  • 防諜局
  • 外部局 対外諜報を行う。
  • 保安局
  • 診療所
  • 政治局
  • 戦略局
  • 教育局
  • 研究局
  • 公文書記録局 公文書館を管理する。
  • 人事局
  • 財務局 財務管理、腐敗の防止が任務。
  • 議会局
  • 経済局
  • 文化局
  • 技術局 諜報に使える技術を研究する。

さらに、31の県に事務所がある。

長官[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]