悪魔のような女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪魔のような女
Les Diaboliques
監督 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
脚本 ジェローム・ジェロミニ
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
音楽 ジョルジュ・ヴァン・パリス
撮影 アルマン・ティラール
編集 マドレーヌ・ギュ
配給 東和
公開 フランスの旗 1955年1月29日
日本の旗 1955年7月26日
上映時間 114分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

悪魔のような女』(あくまのようなおんな、原題:Les Diaboliques)は1955年制作のフランス映画。現在、パブリックドメインとなっている。

ストーリー[編集]

パリ郊外の小学校。校長のミシェルは、病弱な妻クリスティーナがありながら、同校の女教師ニコールと愛人関係にあった。粗暴なミシェルに我慢が出来なくなったニコールとクリスティーナは結託し、ミシェルを殺害して敷地内のプールに遺体を沈める。その後、ある理由でプールの水を抜かねばならなくなった時、沈めたはずのミシェルの遺体が無くなっていた。それからというものの、2人の周囲には、ミシェルがあたかも生きているかのような物証が次々と判明し、ついには警察の介入を招いてしまう。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 公開当時は、製作者からの言葉として「鑑賞後、ストーリーを決して口外しないように」との注意がされた。

リメイク[編集]

日本版(ドラマ)[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]