悪魔おじさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーター・ゼンフト
「悪魔おじさん」ことディーター・ゼンフト(2005年)
生誕 1952年2月7日(62歳)
ドイツの旗 ドイツ ブランデンブルク州ライヒェンヴァルデ
別名 悪魔おじさん
職業 フレームビルダー
著名な実績 自転車ロードレースファン
世界最大の自転車
「悪魔おじさん」ことディーター・ゼンフト(2007年)

ディーター・ゼンフトまたはディディ・ゼンフトDieter "Didi" Senft, 1952年2月7日 - )は、通称「悪魔おじさんEl Diabloスペイン語で悪魔)」として知られる熱狂的な自転車ロードレースファン。本業は自転車のフレームビルダー。ドイツ出身。

1993年より、ツール・ド・フランスのステージの沿道に、赤いマントに角と尻尾をつけた悪魔のコスチュームを着、手には三叉のフォークを持った姿でテレビ中継に登場するようになった。彼が現れる数キロ手前には三叉のフォークのペイントが道路に描かれている。

また、彼は本業で100台以上のオリジナルフレームを製作しており、世界最大の自転車(縦7.8m×横3.7m)はギネスブックに登録されている。

ドイツのテレビ局のレポーターとして契約している。

エピソード[編集]

2006年ツール・ド・スイスで選手が通過する前日、路上にフォークのペイントをしたことにより、スイス警察に罰金600ユーロ、清掃料6690ユーロの支払いを命じられた(スイスでは路上ペイントは違法)。

外部リンク[編集]