悪い種子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悪い種子』(わるいたね、The Bad Seed)は、1954年にウィリアム・マーチが発表した小説。この小説を出版した1か月後にマーチは死亡、マーチにとって最後の著作となった。1955年に全米図書賞小説部門を受賞、多大なる批評と商業的な成功を受け、その成功は死してもなお続いた。マクスウェル・アンダーソンによってブロードウェイミュージカルに、そしてマーヴィン・ルロイ によって1956年に映画化された。 なお、マーヴィン・ルロイ版はアカデミー賞にノミネートされ、リメイクもされた。イーライ・ロス監督のリメイクも計画されたが、没になった。

あらすじ[編集]

映画[編集]

1956年版[編集]

悪い種子
The Bad Seed
監督 マーヴィン・ルロイ
脚本 ジョン・リー・メイヒン
出演者 ナンシー・ケリー
パティ・マコーマック
ヘンリー・ジョーンズ
音楽 アレックス・ノース
撮影 ハル・ロッソン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年9月12日
日本の旗 1957年4月4日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ブロードウェイ版をもとに、ジョン・リー・メイヒンが脚本を書き、マーヴィン・ルロイが監督した。ヘイズ・コードの関係で結末が変えられた。

キャスト[編集]

※ローダ役のマコーマックをはじめ、六人のメインキャストがブロードウェイ版でも同じ役を演じている。

受賞・ノミネート[編集]

原作との違い[編集]

一連の出来事の後、クリスティーンはわが娘ローダの恐ろしい性質が、自分の持つ悪い血(種子)を受け継いだためだと考えるようになる。そして彼女に睡眠薬を大量に飲ませ、自分はピストルで心中を図る。どちらも失敗に終わるが、なお失意の中にある母をよそに、ローダは知らせを聞いて駆け付けた父の前で平然とした笑顔を見せる。(ここまでが原作通り)

しかしその夜、ローダは嵐の中、こっそり家を出て、自分の不利になる証拠を始末しようとするさなか、突然の落雷を浴びて死んでしまう。その後エンドタイトルを前にメインキャストによる朗らかな様子のカーテンコールがあり、ローダは母にお尻を叩かれながら、コミカルで子供らしい笑顔を見せる。(本邦のテレビ初放映時は、これらの場面はカットされていた)

ヘイズ・コードに準拠した改変ポイントは、悪が勝ったまま終わる結末を避け、ローダに天罰ともいえる死を与えたこと。明るいカーテンコールで、残虐な印象を軽減したことの二点。

1985年版[編集]

死の天使レイチェル
The Bad Seed
監督 ポール・ウェンドコス
脚本 ジョージ・エクスタイン
製作 ジョージ・エクスタイン
出演者 ブレア・ブラウン
キャリー・ウェルズ
デヴィッド・キャラダイン
音楽 ポール・チハラ
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年2月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ポール・ウェンドコスが1985年にリメイクした。邦題は『死の天使レイチェル』。こちらは原作通りの結末を迎える。

キャスト[編集]

日本語版[編集]

1956年早川書房から刊行。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]