恵比須島 (静岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
干潮時の恵比須島
火山から噴出した火山灰軽石が海底に降りつもったり、海流に運ばれたりしてできた地層[1]
海底を流れた土石流の地層[1]

恵比須島(えびすしま、えびすじま)は、伊豆半島の南部、静岡県下田市須崎の相模灘にある。古くは夷子島(えびすしま)などとも記され、また須崎恵比須島(すさきえびすしま)と呼ばれることもある。

なお、恵比寿島と書かれることがあるが、国土地理院所管の地形図における記述は恵比須島である。

概要[編集]

島は南北に伸びた小判形で、最長で約170メートル[2]無人島で、陸とは長さ50メートルほどの人道で結ばれている。島の周囲には遊歩道があり干潮時には周回できる。島の南側は干潮時には千畳敷と呼ばれる岩畳が現れ、磯遊びや磯釣り場として利用されている。樹木に混じってエリカハマユウツワブキなどの植物が群生する。頂上付近には「須崎恵比須島指向灯」と、「恵比須神社」(夷子神社)がある。島からは伊豆諸島石廊崎神子元島が一望できる。

夷子島遺跡[編集]

島からは7世紀から8世紀頃とみられる須恵器や、祭祀用の滑石製の臼玉、手捏(てづくね)土器が多数発見されている[3]。この祭祀遺物があった土層からは焚火跡も3箇所発見されている[3]。このことから海の神に祈りを捧げた場所であると考えられている[1]。これらは夷子島遺跡として下田市の指定文化財となっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 現地、伊豆ジオパークの解説版より
  2. ^ GppgleMapなどで確認
  3. ^ a b 下田市教育委員会作成の解説版より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度39分07秒 東経138度57分54秒 / 北緯34.652度 東経138.965度 / 34.652; 138.965