恐竜土偶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恐竜土偶(きょうりゅうどぐう)とは一般にメキシコアカンバロ(en:Acámbaro)で発見された土偶である。

一般にオーパーツと見なされている。

概要[編集]

1945年7月ドイツ人実業家ワルデマール・ユルスルートen:Waldemar Julsrud)がアカンバロの町外れにある通称「牡牛山(ブルマウンテン)」の麓で奇妙な土器を発見。

考古学マニアであったユルスルートは使用人のティナヘロとその息子に発掘を命じたが、土偶は日々大量に出土しその数は最終的には七年間で32,000体にものぼった。

2004年現在アカンバロで発掘された土偶は37,000点以上に及ぶ(ただし、その全てが恐竜土偶というわけではない)。

ユルスルートは考古学的な調査が行われる事を期待していたが、考古学者チャールズ・ディ・ペソ(en:Charles C. Di Peso)によって捏造との指摘を受けた事に落胆し、1952年を境に土偶の収集を中止した。

しかし、ユルスルートの友人であった地質学者チャールズ・ハプグット(en:Charles Hapgood)教授(当時、ニューハンプシャー州キーン州立大)は1968年、土偶のサンプルを三種類用意してニュージャージー州の年代測定専門会社の研究所に調査を依頼し、C14法ベータ線計数法)で測定したところ、紀元前1000年から紀元前4000年という結果が出たとされる。

翌年、ハプグットの友人である航空設計技師のアーサー・ヤング(ベル・ヘリコプター設計者)がペンシルベニア大学研究所に熱ルミネッセンス法での測定を依頼した所、こちらでは紀元前2500年±250年という結果が出たとされる[1]

計測[編集]

ただし、これらの測定結果は、それぞれの測定法で行われるべき適切な手順を踏んでいない(もしくは踏んでいることが確認できない)上、測定結果もばらつきが多くて信頼性に欠けるという指摘もある[要出典]

また、これらの年代測定は制作された年代を測定するものではなく、あくまで材料の年代を測定するものであるため、古い地層土器などの土を利用して制作した場合は制作年代よりも古い測定結果が出る[2]。熱ルミネッセンス法も、比較的低温で長時間熱を加えれば、古い時代をはじき出す。

ただ、ペンシルベニア博物館館長フロリック・レーニー博士は調査を依頼したアーサー・ヤングに対して「メキシコ考古学会の意見や真偽論争の結果がどうであろうと、土偶の年代の古さについては我々の研究所が責任を持って断言します。」と書簡を送っている。

オーパーツ否定説[編集]

アカンバロから発掘された恐竜土偶は、多数存在する土偶の中からたまたま恐竜に似ていたものを選び出して問題にしているだけではないかとの指摘もある[要出典]。恐竜は6500万年前に絶滅しており、人類と共存した時期はない。そのため恐竜を模した土偶がどのようにして作られたのかが議論の対象となっており、紀元前に恐竜の化石や爬虫類を観察して創造されたという説、更には人類と恐竜が共存した時代があったという説などを唱える人もいる[誰?]

また土偶の造形の中には、現在では間違いとされる恐竜観に基づいたもの(例えば、ティラノサウルス・レックスが直立している)や、半人半獣の人間、ワニ人間や翼を持つなど、空想の産物としか考えられないものも多数存在している[3]

またアカンバロの遺跡を調査をした、考古学者のチャールズ・ディ・ペソ(Charles C. Di Peso)によって、未発掘だと言われている場所にあった明白な埋め戻しの跡が発見された。[4]。デイ・ペソは、ワルデマール・ユルスルートとその使用人、ティナヘロが捏造したものと考えた。一方、この埋め戻し跡は発掘作業中断時の現場保存用との主張もあるが、ティナヘロは「未調査の場所」だとディ・ペソに言ったらしい。

現在村はダムの底に沈み、真偽を裏付ける証拠は存在しない。ダム工事を阻止するために遺物をでっちあげたとも言われる。

類似オーパーツ[編集]

これと似たような恐竜と人間の共存を示すとされるオーパーツにペルーカブレラ・ストーンがあるが、これはBBCの取材で作り方や制作した人物が発覚したため、捏造であることが明らかになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『宇宙から来た遺跡』南山宏(ASIN: B000J7YAHS)
  2. ^ 『考古学と物理化学』東村武(ISBN-13:978-4311300295)
  3. ^ 『The ACAMBARO Figurines』
  4. ^ Charles C. Die Peso『American Antiquity』

参考文献[編集]

  • 『トンデモ超常現象99の真相』と学会(ISBN4-86248-003-9)
  • 『謎の巨大獣を追え 未知動物〈ヒドン・アニマル〉の正体を徹底検証』南山宏(ISBN4-331-00616-6)