恐怖の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 恐怖の館
Terror Háza
施設情報
来館者数 一日あたり1000人以上
館長 シュミッド・マーリア
開館 2002年2月24日
所在地 {{{所在地郵便番号}}}
ハンガリーの旗 ハンガリーブダペスト
位置 北緯47度30分25秒 東経19度03分55秒 / 北緯47.50694度 東経19.06528度 / 47.50694; 19.06528座標: 北緯47度30分25秒 東経19度03分55秒 / 北緯47.50694度 東経19.06528度 / 47.50694; 19.06528
ウェブサイト terrorhaza.hu
公式サイト terrorhaza.hu
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

恐怖の館:Terror Háza)とは、ハンガリーブダペストアンドラーシ通り60に位置する博物館である。

概要[編集]

ハンガリー臨時国民政府時代のファシズムハンガリー人民共和国時代の共産主義等の20世紀のハンガリーに関する展示をしており、またそれらの時代の犠牲者や抑留者、詰問された者等の記念碑の役割も兼ねている。

恐怖の館は2002年2月24日に開業し、それ以来の館長はシュミッド・マーリアである。

恐怖の館は欧州記録良心機構の会員である[1]

建物[編集]

恐怖の館はオルバーン・ヴィクトル内閣の下で建設が決定した。2000年12月、中欧及び東欧の歴史と社会研究所は多数の血を流した20世紀のハンガリーの歴史を展示する博物館を建設する為の建物を買い取った。

一年に亘る工事の下で、建物は内外ともに完全に刷新された。館内の展示ホールの最終的な見た目や外部正面は全て建築美術家であるアッティラ・F.コヴァーチュによって行われた。また、この建物の復元計画はシャーンドル・ヤーノシュウーイサシ・カールマーンによって行われた。屋外の復元はある種のモニュメントであり、屋外の黒い装飾物(切り立った壁や黒い花崗岩も含む)はアンドラーシ通りに建つ他の建物に合わせる為の物である。

常設展示[編集]

恐怖の館の屋外にある犠牲者追悼碑

ナチス・ドイツソビエト連邦との関係、及びそれを受け入れたハンガリーについての展示が為されている。また、矢十字党ハンガリー国家保衛庁等についての展示もそれには含まれている。

多くの情報や展示はハンガリー語でなされているが、大きな情報板は英語でも書かれている。また、オーディオガイドは英語とドイツ語でなされており、使用する事が出来る。

展示室に流れている音楽にはボナンザ・バンザイの音楽も含まれている。流れている音楽はオーケストラにミックスや音響効果をかけ作曲された物が用いられている。

また、写真撮影及びビデオカメラの使用は館内では禁じられている。

かつての特別展示[編集]

2002年
2003年
2004年
2005年
  • 1945年ハンガリーの悲劇 – 悲痛は消えり!隷属の要求
2006年
2007年
2008年
  • 空白の中の自由 – 1968年から2008年の性の革命
  • "押し潰された春" – プラハ 1968年
  • カティン – 虐殺、政治、倫理
2009年
2010
2011
  • 1944年から1945年のハンガリーの悲劇

反響[編集]

歴史家、評論家、政治学者の中には外部からの占領によって多くの犠牲者が生じた事を過剰に描き過ぎており、その一方でマジャール人自身がその体制の加担をしていた事を認めていないかの様な示し様に疑問を持つ者もいる[2][3]

評論家にはまたファシズムより共産主義の方に多くのスペースが割かれている事を嘆く者もいる。恐怖の館側の彼らに対する回答としてはフェレンツ・サーラシによるファシズムは数箇月で終わったのに対し、共産主義は40年に亘ったからだとしている。館長のシュミッドはこの討議を政治的思想が第一に出てきた事による攻撃だと考えている[4]。また、博物館の擁護者は、展示の対象になっている人物例えば、バウエル・タマーシュの父であるバウエル・ミコローシュ自由民主同盟に対して厳しいと指摘している[5]。1990年代の自由民主同盟の当初の首長であるペテ・イヴァーンの親やハンガリー国家保衛庁等もその様に記録している[6]

そのような反響があるにも関わらず、恐怖の館は旅行客にとって有名な行き先の一つになっており、開業した2002年時点でインターネットでの多くの良い評価や一日1000人を超える集客が見られている。また、シュミッドは恐怖の館に関する政治的追求に関して次の様に答えている、「政治に関係ない歴史はあるだろうか」と[7]

参考文献[編集]

  1. ^ Czech Prime minister Petr Nečas: The years of totalitarianism were years of struggle for liberty”. Platform of European Memory and Conscience (2011年10月14日). 2011年10月14日閲覧。
  2. ^ Huber, Ilse. “Das Haus des Terrors in Budapest: Umstrittenes Museum über Ungarns Zeitgeschichte” (German). 2011年2月18日閲覧。
  3. ^ Marszovszky, Magdalena (2011). ““Die Märtyrer sind die Magyaren”. Der Holocaust in Ungarn aus Sicht des Hauses des Terrors in Budapest und die Ethnisierung der Erinnerung in Ungarn [“The Martyrs are the Magyars”. The Holocaust in Hungary from the Perspective of the House of Terror in Budapest and the Ethnification of Memory in Hungary]”. In Globisch, Claudia; Pufelska, Agnieszka; Weiß, Volker (German). Die Dynamik der europäischen Rechten. Geschichte, Kontinuitäten und Wandel [The Dynamics of the European Right. History, Continuity and Change]. Wiesbaden: VS Verlag für Sozialwissenschaften. pp. 55–74. ISBN 978-3-531-17191-3. 
  4. ^ Socialists grab every occasion to cramp the House of Terror” (Romanian). 2011年2月18日閲覧。
  5. ^ Tamas S. Kiss. “Museum facade ruling”. Museum Security Mailinglist Reports. 2011年2月18日閲覧。
  6. ^ Fodor Gyöngyvér (2003年1月10日). “Az újságíró asszony haragszik” (Romanian). 2011年2月18日閲覧。
  7. ^ Fuller, Thomas (2002年8月2日). “Stark history / Some see a stunt : Memory becomes battleground in Budapest's House of Terror”. The New York Times. 2011年2月18日閲覧。


外部リンク[編集]