恋愛出世絵巻 えん×むす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋愛出世絵巻 えん×むす』(れんあいしゅっせえまき えん×むす)は、瀬口たかひろによる日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店2002年31号(6月27日刊)から、2003年42号(9月18日刊)まで連載された。主テーマおよびモチーフに宮沢賢治童話グスコーブドリの伝記』が用いられている。

あらすじ[編集]

毎日毎日パシリとして使われる日々を送っていたダメ高校生・蟻川義介。そんなある日、突然ロシア人美少女メイド・ソーニャがお守りを持って現れる。義介は大企業ドラグーンの後継者候補であり、お守りとメイドはその証だという。他の後継者を倒しお守りを集めることが真の後継者となる方法であるが、義介はそんなことに興味はない。しかし、ドラグーンの関係者には人を人と思わぬ冷血な人間も多く、義介が候補者を降りればソーニャが酷い目に遭いかねない。こうして、義介はドラグーンの候補者対決に巻き込まれていった。

登場人物[編集]

主要登場人物[編集]

蟻川義介(ありかわ ぎすけ)
勉強もスポーツも駄目で、クラスではパシリに使われている駄目高校生だったが、ソーニャから「縁×結」のお守りを託された事がきっかけで、ドラグーン後継者対決に巻き込まれる。
心優しい少年で、後継者になる為ではなくソーニャを守る為に戦う事を決意している。かなり小柄。
後継者対決の争いの中で戦う相手すらも思いやる心根を敵からも認められるようになる。自身の持つ優しさから来る自己犠牲精神によって道を切り開いていくが、最後はそのために(本人が全てを承知した上で)悲劇的な結末を迎える事となる。しかし、その生き様は彼に関わった遺された者たちに深く影響を与え、彼らの心の中に偉大なる永遠の存在として生き続けることになる。
ソーニャ(ソフィア・ミハイロヴナ・モストバーヤ)
ロシア出身のメイド。ドラグーンから義介の元に「縁結」のお守りを持ってきた。
義介の事を心から信頼し、自分の生涯かけても尽くそうと考えている健気な少女。D-グレートと呼ばれるクラスの汎用タイプのメイドの為、他のメイドと違い特別な能力は持っておらず、また制約の処置が施されている。家事と掃除が大好きで、季節問わずにかき氷を食べている。常に義介思考の為、義介の為に尽くす事を最優先する。顔は童顔だがかなりの長身でスタイルも良い。終盤で土砂崩れに巻き込まれ命を落とすが、ドラグーンの医療技術と義介の命を懸けた行動によって生き返る。以降、義介の帰りを待ち続けている。
柳木雫(やなぎ しずく)
蟻川義介の想い人。極めて優等生で、一に勉強、二に勉強と言うくらいの勉強家。
最初は義介の事をバカ呼ばわりして見下していたが、真っ直ぐな心の義介に徐々に惹かれていく。ソーニャの性格に振り回されがちだが、危険な状況でも冷静な判断を忘れない。幼い頃、両親の離婚で母親を失っている。
北条あすか(ほうじょう あすか)
ドラグーンの対立組織、ユニオンの構成員。環境の為か、女性である事を捨て男の喋り方をする(いわゆる俺少女)。
当初は、義介をドラグーンの要人としてユニオンに拉致するつもりだったが、義介の優しさに心を打たれ義介に賛同するようになる。途中から、義介のクラスメイトとなる。

ドラグーン後継者候補[編集]

全員が候補者の証としてお守りを所有しており、それぞれのお守りには特殊な能力を持っている。候補者は義介を含めると全部で15人いるが、本編に全員は登場しなかった。

竜造寺天道(りゅうぞうじ てんどう)
立身出世」守りの所有者。
勉強、スポーツ全てにおいて完璧を誇る完璧主義者。義介を「チンケな男」と見下していたが、初めて自分に歯向かってきた男として、彼をライバルと認める。ドラグーンの後継者としての心構えと風格を持ち合わせており、誰もが彼が後継者となると思っていた。影から義介の成長を楽しみにしている。
実は立身出世は何の特殊な効果もない外見だけのニセお守りであり、中には自身の写真のみが入っている。
最終的には義介の生き様を誰より理解し、自らも追いつかなかった偉大な男と認めて、その魂を永遠とするために巨大義介像を建立する。
東大寺聡(とうだいじ さとし)
学業成就」守りの所有者。幼いが、お守りの力で驚異的な頭脳の持ち主となっている。お守りの力を使い、自分が一番だと言う事を他の者に知らしめていた。過去に父親に捨てられた事がトラウマとなり、更に源一郎の接触により勝つ事に執着するようになった。
義介に敗北後は、お守りを失った事でただの少年となり、父親と共にドラグーンを去る。その後の消息は不明。
薬師寺侠介(やくしじ きょうすけ)
身代り」守りの所有者。
後継者になる事には興味なく、竜造寺天道に勝つ為にお守りを集めている。彼のパンチを受けて立っていられたのは天道だけだと言う。喧嘩っ早いが情に厚く、おせっかいな一面を持つ。また、お守りを財布の中に入れてあるにもかかわらず落としたり、道に迷ったりするなど、あまり利口ではない。義介にとっては良き友人だったが、竜造寺源一郎のお守りの力の前に敗れ、命を落とす。
西園寺鴻庵(さいおんじ こうあん)
商売繁盛」守りの所有者。
一見京都弁を話す穏やかな青年に見えるが、目的の為ならば手段を厭わない人物。柳の幼なじみで、彼女の長年の想い人でもある。柳に取り入って卑劣な手段を持って義介を陥れていくが、義介の築いた信頼関係の前に敗れる。
リョウコ=ボルテール=中尊寺
七転八起」守りの所有者。
その力でメリーベルが殺した者を何度でも蘇らせては殺させる等、非道な女性である。薬師寺侠介とは犬猿の仲で腐れ縁の間柄。物語終盤で事故死してしまったソーニャを救うのを条件で、義介に全てのお守りと引き換えにある提案をする。
円光寺櫻(えんこうじ さくら)
失物出現」の御守りの所有者。
容姿は幼げで、まだ少年の様だが、源一郎曰く人を人と思わない邪悪な性格の持ち主で、残虐非道。他のドラグーン候補からも嫌われていたようである。常に笑みを浮かべているが、子供を射撃遊びに使い殺してしまったり、ドラグーン後継者の会議の時には飲み物に毒を入れるなど、かなりの悪人。源一郎に心酔していた。義介に敗北後、天道に助けを請うも叩きのめされ、ユニオンに拉致される。
竜造寺源一郎(りゅうぞうじ げんいちろう)
世界平和」の御守りの所有者。
ビジュアル系なルックスとは裏腹に、足にぶつかっただけで子供を殺したり、聡の変貌の切っ掛けを作ったりと、内面は冷酷な悪人。自身を「完成体(パーフェクト)」と称する。竜造寺源三の側近だったが、追放された。後継者争いを仕組んだ首謀者で、裏でドラグーン後継者候補を殲滅させる為にユニオンと通じていた。ちなみに回想では聡に何やら怪しげな行為をしていた。
最後は天道と一騎打ちで戦い、一度は天道を圧すものの、予想以上の天道の力により逆に圧倒され敗北。侠介から奪ったお守りがあるため、その力を使えば再び立ち上がる事は可能だったが、彼はそれをしなかった(天道曰く「完璧な人間なら俺に歯向かおうなどとは二度と思わない」)。

後継者候補のメイド[編集]

後継者候補達には全員一人ずつメイドが付いており、候補者のサポートを行う事が任務である。全員が元はドラグーンに仕えていたメイド達である。

加賀渚(かが なぎさ)
天道のメイド。日本出身。天道が最も信頼を置く存在。滅多に表情を変えることはなく、常に無表情。
タイプは不明だが、おそらくA-グレート以上。ドラグーンのメイドの中でも指折りの実力を持つ。
雪菜(ゆきな)
聡のメイド。日本出身。「ナイトライフサポート」の能力を持つ。C-グレート。ドラグーンのメイド教育専用の屋敷にいた頃からソーニャを知っているが、自分より周りに大事にされる(その切っ掛けは雪菜の密告が原因なのでほぼ自業自得とも言える)ソーニャに嫉妬して毛嫌いしている(ソーニャはその事に全く気づいていない)。
聡敗北後は、義介に身受けしてもらうが、ソーニャをあの手この手で追い出そうとする。
ローズ・ロックウェル
侠介のメイド。アメリカ出身。「戦闘サポート」の能力を持つ。C-グレート。射撃の達人で、バイクに乗りながら標的に命中させる程の腕前。侠介の行動に呆れながらも、心から信頼しており、また異性としても意識していたようである。侠介と抜群のコンビネーションで数々の死線を潜り抜けてきたが、最後は侠介の後を追い自殺する。
お七(しち)
鴻庵のメイド。日本出身。割烹着を着ているのが特徴。B-グレート。特技は小銭投げ。凄惨な過去を経験しており、そこから救われた恩からドラグーンに忠誠を誓っていた。鴻庵敗北後は義介に身請けしてもらい、雪菜と違ってソーニャに意地悪めいた事はしない。
ビジネス型のメイドだが、ユニオンの兵士や、(奇襲が入っていたとはいえ)戦闘型のB-グレートのメイドであるチュイを倒すなど、戦闘能力も高い。
メリーベル
リョウコのメイド。フランス出身。衣装はナース服気味のメイド服。特技は注射器飛ばし。A-グレートで手術を施してある特注タイプらしい(ソーニャの回想編で名前は出てこないものも「リョウコ様から要望の特注品」という件があり、おそらく彼女の事)。サディスティックな性格で、趣味は拷問と解剖と人体実験(その際、邪悪な笑みを浮かべる)。終盤は常に眼帯を着けていた。
チュイ
櫻のメイド。アフリカ出身。「戦闘」に適した能力を持つ。B-グレート。普段は櫻に忠実で穏やかな性格だが、櫻に歯向かう者には容赦なく攻撃する。キレた時、口調がかなり変わる。櫻が敗北しユニオンに拉致された後、義介に復讐するために逃走するが、渚によって制され逃亡する。その後の消息は不明。
小夜子(さよこ)
源一郎のメイド。外観は幼女だが、能力はメイドの中でもトップ級で、おそらくはA-グレート以上であると思われる。源一郎に忠実。クールで高飛車な性格。かつて、メイド達の指導者として教育を施す立場にいた。天道を「完成体」を超えた「超完成体(エレガント)」と悟る。

ドラグーン関係者[編集]

竜造寺源三(りゅうぞうじ げんぞう)
ドラグーンの元総帥で、事実上ドラグーンの始祖となった人物。天道の祖父。物語の開始時にはすでに死亡している。屋敷にいた際にソーニャと知り合い、彼女や脱走を企てたメイド達の危機を救った。ソーニャに「縁結」のお守りを託し、義介の元へ届けるように頼んだ。
実は天道以外の後継者候補は彼のDNAから生み出されたクローンだという事を源一郎が明かしている(多少、手を加えているため性格や思想は違う)。義介もその一人だが、彼の性格や優しさは源三のそれと寸分違わないらしい(その為、源三を知る者は義介に源三の面影を見る)。

単行本[編集]

  1. ISBN 4-253-20341-8 2002年11月発行
  2. ISBN 4-253-20342-6 2003年1月発行
  3. ISBN 4-253-20343-4 2003年3月発行
  4. ISBN 4-253-20344-2 2003年6月発行
  5. ISBN 4-253-20345-0 2003年9月発行
  6. ISBN 4-253-20346-9 2003年12月発行