恋人よ我に帰れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋人よ我に帰れ」(こいびとよわれにかえれ、Lover, Come Back to Me)は、ポピュラー・ソングのひとつ。ブロードウェイオペレッタ/ミュージカルニュー・ムーンThe New Moon)』のために、シグマンド・ロンバーグ作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞により制作され、オリジナル上演ではマリアンヌ・ビューノワ (Marianne Beaunoir) 役のイーヴリン・ハバート(Evelyn Herbert、ソプラノ)とロバート・ミッション (Robert Mission) 役のロバート・ハリデイ(Robert Halliday、テノール)が歌った。この曲は、1928年に出版された。

映画作品の中で[編集]

ブロードウェイ版を下敷きにした1930年映画ニュー・ムーン』では、ローレンス・ティベットグレース・ムーア (Grace Moore) が、また、同名の1940年の映画『ニュー・ムーン』では、ジャネット・マクドナルドネルソン・エディが、この曲を歌った。

バーブラ・ストライサンド[編集]

My Coloring Book / Lover, Come Back To Me
バーブラ・ストライサンドシングル
収録アルバム The Second Barbra Streisand Album
A面 米国盤:My Coloring Book
B面 米国盤:Lover, Come Back To Me
リリース 米国盤シングル:1962年11月
録音 1962年アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ポップ・ミュージック
レーベル コロムビア
作詞・作曲 シグマンド・ロンバーグ作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞
プロデュース Mike Berniker
バーブラ・ストライサンド シングル 年表
米国盤:Happy Days Are Here Again / When the Sun Comes Out 米国盤: My Coloring Book / Lover, Come Back To Me 米国盤:People / I Am Woman
テンプレートを表示

ジョージ・ウィリアムズ (George Williams) の編曲・指揮によるバーブラ・ストライサンドのバージョンは、1962年11月に彼女の2枚目のシングルとして、「My Coloring Book」と両A面扱いでリリースされた[1]

この曲は、マイク・バーニカー (Mike Berniker) のプロデュースによって、ストライサンドの最初のアルバム・セッションより前にレコーディングされ、シングル盤としてラジオ局に送られた[2]

その後、1963年に、ストライサンドの2枚目のアルバム『The Second Barbra Streisand Album』に収録するための再録音が行われた。ストライサンドにとって最初のテレビ特番だった『My Name is Barbra』では、この歌を悲喜交々に歌い上げ、その多彩な芸風を見せつけた。ストライサンドは2000年の「タイムレス・ツアー (Timeless Tour)」でもこの曲を歌い、その様子はライブ・アルバム『Timeless: Live in Concert』や付録DVDにも収録された

公式バージョン[編集]

他のおもなバージョン[編集]

大衆文化の中で[編集]

同名異曲[編集]

  • 1985年にイギリスのグループ、デッド・オア・アライヴが、英語では同名の「Lover, Come Back to Me」をイギリスはじめ各国でヒットさせたが、これは同名異曲であり、邦題はカタカナ表記の「ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー」であった[9]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Barbra Archives: Records/First Singles
  2. ^ The Barbra Streisand Music Guide
  3. ^ Anna Moffo / Sergio Franchi – The Dream Duet”. Discogs. 2012年5月15日閲覧。
  4. ^ フランク永井 フランク、ジャズを歌う”. ビクターエンタテインメント. 2012年5月15日閲覧。
  5. ^ 大野方栄 - Eccentric Person Come Back To Me”. Youtube. 2012年5月15日閲覧。
  6. ^ The Ed Sullivan Show April 3, 1966: Stiller and Meara, The Peanuts, Eydie Gorme, Robert Horton”. CBS Interactive Inc.. 2012年5月15日閲覧。
  7. ^ 『YMO イエロー・マジック・オーケストラ』(アスペクト、2007年)p.312。
  8. ^ The Blues, Sita Sings. “Sita Sings The Blues”. animated movie. Wikipedia. 2011年2月25日閲覧。
  9. ^ ベスト・オブ・デッド・オア・アライヴ”. Sony Music Distribution Inc.. 2012年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]