恋のバッド・チューニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恋のバッド・チューニング
沢田研二シングル
収録アルバム BAD TUNING
B面 世紀末ブルース
リリース 1980年4月21日
規格 7インチシングル
ジャンル ポップス
時間 4分19秒
レーベル ポリドール
作詞・作曲 作詞:糸井重里
作曲:加瀬邦彦
プロデュース 加瀬邦彦
森本精人
松下章一
チャート最高順位
沢田研二 シングル 年表
TOKIO
1980年
恋のバッド・チューニング
(1980年)
酒場でDABADA
(1980年)
テンプレートを表示

恋のバッド・チューニング」(こいのバッド・チューニング)は、日本歌手である沢田研二の30枚目のシングルである。

1980年4月21日ポリドール・レコードより発売された。

解説[編集]

  • テレビ番組などで歌う際は、当時まだ珍しかったカラーコンタクトを使用した。ただし当時の技術では眼球に悪影響もあり長時間使用は出来なかったという説明が沢田自身のヒット曲が数多く流れたことで知られる速報!歌の大辞テンで語られていた。
  • この作品のヒットで全シングルレコードの総売上枚数がついに1000万枚を突破した。これはピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)に続いて史上4人目であった。ただし、ソロ作品に限らずザ・タイガースPYG時代の売上も通算すると沢田は1977年に1000万枚を突破している。
  • 歌いながらビニール製のコートを破るパフォーマンスも行っていた。

収録曲[編集]

  1. 恋のバッド・チューニング
    • 作詞:糸井重里/作曲:加瀬邦彦/編曲:後藤次利
  2. 世紀末ブルース

沢田研二の関連作品[編集]