志願制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第一次世界大戦時のイギリスにおけるキッチナーの募兵ポスター、『英国は君を必要としている』。当時イギリスでは徴兵制は敷かれていなかった

志願制度(しがんせいど、以下志願制)とは軍人の徴募制度の一つ。国民軍務に服する義務を課す徴兵制度(以下徴兵制)に対し、それをせず当人の自由意思に任せる制度である[1]

概要[編集]

国民国家の成立とともに徴兵制が誕生し普及したため、それ以外の制度が区別上志願制と呼ばれる。 徴兵制の国家にも自らの意志で入隊する志願兵は存在するが、志願制とは区別される。

20世紀後半から2010年現在にかけて、現状にそぐわなくなった徴兵制が廃止・縮小され志願制に復帰する国が増え続けている。詳しくは徴兵制度#徴兵制度の現状及び徴兵制度#徴兵制度の問題を参照。

大日本帝国の志願兵の服役[編集]

  • 陸軍 - 3種ある。
    • 現役志願兵 - 年齢17年以上徴兵適齢未満のもので、現役であることを志願するもの。2年在営させ、その現役は一般の現役兵として徴集されたものと同じ。ただし輜重兵、特務兵および補助看護兵は採用しない。
    • 憲兵上等兵および楽手補 - 兵役は現役、予備役、後備役とし、逐次これに服させる。その服役期間は現役は、憲兵は前服役期間を通算して4年、楽手補はこれを命じられた年の12月1日から起算して5年であるが、いずれも志願によって延長することが出来る。予備役は現役を通算して7年4月、後備役は前服役を通算し17年4月である。ただし年齢40年に満ちる前に後備兵役を終ったものは第一国民兵役にあるものとみなされる。
    • 年齢40年を過ぎ志願により国民軍に編入された兵 - 当該期間第一国民兵にあるものとみなされる。
  • 海軍 - 本人の志願により海軍志願兵令に基づいて採用され、全国から徴募するが、兵種は水兵、航空兵、機関兵、軍楽兵、看護兵、主計兵の6種で、年齢17年以上21年未満のものについて行なう。ただし掌電信兵を志願する水兵は15年以上19年未満、軍楽兵は16年以上20年未満。服役は現役5年、予備役4年および後備兵役5年とし、後備役を終ったもので年齢40年未満のものは第一国民兵に服させる。

現役定限年齢は35年とし、40年を服役の終期とする。

朝鮮における志願兵制度については朝鮮人日本兵を参照。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ合衆国イギリスインドなどがその例。

関連項目[編集]