忍耐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼーバルト・ベーハムの「忍耐」

忍耐(にんたい、英語: patience)とは、苦しさ、辛さ、悲しさなどを耐え忍ぶこと。例えば、自分に不都合なことなどをひとにされても、暴力的な仕返しをしたり、現実逃避したりしないなど。忍耐する力を「忍耐力」、忍耐力があることを「忍耐強い」と言う。

忍耐は、四元徳のひとつとされている。

忍辱[編集]

仏教においては、さまざまな苦難や他者からの迫害に耐え忍ぶことを忍辱(にんにく)という。また、この忍辱の行を修することを忍辱波羅蜜といい、六波羅蜜のひとつに数えられる。なお、現在「ニンニク」と呼ばれるものは、この忍辱が語源となったとされる。

類義語[編集]

堪え忍ぶことを表す熟語には、次のようなものがある。

など。

また、慣用句で忍耐の意味を持つものには次のようなものがある。

虫を殺す
癪に障ることを辛抱する
目を瞑る
過失を我慢し、咎めないこと
涙を呑む
悔しさをこらえること

関連項目[編集]