心臓血管センター駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心臓血管センター駅
心臓血管センター駅(駅北方のセンター連絡通路側から)
心臓血管センター駅(駅北方のセンター連絡通路側から)
しんぞうけっかんセンター
- Shinzō-kekkan Center -
赤坂 (1.3km)
(0.6km) 江木
所在地 群馬県前橋市亀泉町6-2
所属事業者 上毛電気鉄道
所属路線 上毛線
キロ程 5.6km(中央前橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1968年(昭和43年)12月10日(前橋病院前信号所として)

心臓血管センター駅(しんぞうけっかんセンターえき)は、群馬県前橋市亀泉町にある上毛電気鉄道上毛線

日中は30分毎の定時運行のため、上り中央前橋行きと下り西桐生行きの列車が、一部を除き交換する。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅無人駅である。

のりば[編集]

1 上毛線 大胡赤城西桐生方面
2 上毛線 中央前橋方面

列車接近時に、ホーム上のスピーカーから「オリビアを聴きながら」が流れる。

駅周辺[編集]

  • 群馬県立心臓血管センター(徒歩通路が整備されている。距離は近いが高低差があり、駅からセンターまでは若干の坂を登る必要がある)
  • 群馬県立高齢者介護総合センター明風園
  • ぐんまリハビリパーク
  • 泉美術館
  • 亀泉霊園

歴史[編集]

上毛線の乗客が増加していた1960年代中期、利用客の多い前橋寄りのうち、平野部から赤城山南麓の農村地帯へと登坂していく区間の上泉駅-大胡駅間には、交換可能駅がなかった。この間の既存駅である赤坂駅江木駅は、いずれも勾配途中の集落にある駅で新規の交換設備を設置しにくいことから、閉塞区間を短縮して列車増発を図るため、信号所として開設された。

設置当初の名称は、信号所北方の段丘上に位置し、地域の基幹病院の一つであった当時の群馬県立前橋病院(1940年に群馬県の教員保養所として開設、1962年に「前橋病院」に改称)にちなむ。この地点は小渓流の寺沢川に沿った窪地を線路が東西に築堤で越える線形となっており、川の西岸付近は緩勾配で信号所を設置しやすい立地であった。

設置後はモータリゼーションによる乗客減少が進み、朝のラッシュ時間帯を除いてはあまり有効活用されていない時期もあったが、1994年にプラットホーム設置・病院との連絡通路設置のうえで無人駅に昇格した。駅開業と同時期の1994年に、前橋病院は重点分野にちなむ名称の「循環器病センター」と改称しており、駅名も当初からこれに合わせて開業している。

駅昇格の背景には、当時の上毛電気鉄道が経営合理化のためバス事業の廃止・譲渡を進め、前橋駅と主要病院である前橋病院を結ぶバス路線も廃止される方向であったことから、市中心部と病院との間で代替交通手段が求められたことが挙げられる。従前の前橋病院最寄り駅であった江木駅と信号所の間はわずか0.6kmしかなかったが、江木駅から病院に徒歩で至る経路は寺沢川沿いの窪地に阻まれて大迂回を強いられ、アクセス不適なのが実情であった。

のち、循環器病センターは更に具体的な名称の「心臓血管センター」と再改称され、2001年の病院名改称と合わせて駅名も改称した。以来、人間内臓器官名が2つも含まれる、日本でも珍しい駅名の例として知られることになった。

近年では上毛線の等間隔ダイヤ化促進の過程で、立地が好適なことから交換駅として常用されるようになっている。

隣の駅[編集]

上毛電気鉄道
上毛線
赤坂駅 - 心臓血管センター駅 - 江木駅

関連項目[編集]