心を繋ぐ6ペンス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
心を繋ぐ6ペンス
Half a Sixpence
監督 ジョージ・シドニー
脚本 ビヴァリー・クロス
製作 ジョージ・シドニー
製作総指揮 ジョン・ダーク
出演者 トミー・スティール
ジュリア・フォスター
シリル・リチャード
グローヴァー・デール
音楽 アーウィン・コスタル
撮影 ジェフリー・アンスワース
配給 パラマウント映画
公開 イギリスの旗 1967年
アメリカ合衆国の旗 1968年2月20日
日本の旗 1968年7月
上映時間 147分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

心を繋ぐ6ペンス』(こころをつなぐ6ペンス、Half a Sixpence)はジョージ・シドニー監督による1967年のイギリスのミュージカル映画。脚本はビヴァリー・クロスで、同じく彼による同名の舞台ミュージカルの映画化。原作はH・G・ウェルズの1905年の自伝的小説『キップス:素朴な魂の物語(Kipps: The Story of a Simple Soul)』。音楽と歌詞は、デイヴィッド・ヘネカーによる。

物語[編集]

舞台はエドワード朝時代のイングランド。主人公の仕立職人アーサー・キップスはメイド奉公をしている幼馴染のアンと愛し合っていた。二人は子供の頃に拾った6ペンス硬貨を半分に割って持ち、所帯が持てる日を楽しみにしていた。しかしキップスは突然舞い込んだ幸運によって大金持ちとなり、上流階級と付き合うようになってしまう。キップスはアンのことをすっかり忘れ、名家の令嬢ヘレン・ウォーシンガムに夢中になるが、実はウォーシンガム家の狙いはキップスの財産であり、陰でキップスの育ちを馬鹿にしていた。キップスとヘレンとの婚約披露のパーティが開かれたのはなんとアンの奉公先だった。アンはキップスの姿を見て驚いて盆を取り落としてしまう。周囲の人間がアンのことを悪し様に言うのを聞いたキップスは初めて自分の立場に気づき、ヘレンとの結婚を取りやめると宣言する。

友人たちに祝福されて結婚したキップスとアンだったが、アンは使用人がいる生活なじめず、つい自分で掃除などをしてしまう有様で、キップスとの仲もギクシャクしてきていた。そこに、キップスの財産を運用していたヘレンの兄が事業に失敗し、キップスが無一文になったという知らせが来る。キップスは愕然とするが、アンは元の生活に戻れると考えて却って喜ぶのだった。

そこにもう一つ知らせがくる。金持ちになったばかりのときに投資していた、知り合いの劇作家チタローの芝居があたり、その配当金が届いたのだ。それは二人で住む小さな家を買うのにちょうど良い金額だった。

撮影[編集]

屋外シーンの撮影は、ロイヤル・タンブリッジ・ウェルズのパンタイルズ(屋根付き通路を持つ町並み)、オックスフォードシャーブレナム宮殿バークシャーオークリー・コートなどで行われた。屋内シーンはサリーシェパートン・スタジオの撮影である。

配役[編集]

製作スタッフ[編集]

  • 振付 - ギリアン・リン
  • 製作デザイン - テッド・ハワース
  • 美術デザイン - ピーター・マートン
  • 衣装デザイン - ジョアン・ブリッジ、エリザベス・ハッフェンデン

[編集]

  • すべてこれ節約のため(All in The Cause of Economy) - キップス、ピアースと仕事仲間
  • 心を繋ぐ6ペンス(Half A Sixpence) - キップス、アン
  • ありあまる金(Money to Burn) - キップス、チタロー、ヘレン、コーラス
  • 一言も信じない(I Don't Believe A Word of It) - アンとその友達、キップス、ピアースと仕事仲間
  • すてきな紳士(A Proper Gentleman) - コーラス
  • 彼女は高嶺の花(She's Too Far Above Me) - キップス
  • どうせ降るなら他の日に(If The Rain's Got To Fall) - キップス、子供たち、コーラス
  • ボート・レースの歌(Lady Botting's Boating Regatta Cup Racing Song) - キップス、コーラス
  • ピカッ・ドカン・キャッ(Flash, Bang, Wallop!) - キップス、ピアース、コーラス
  • 私は自分を知っている(I Know What I Am) - アン
  • これが僕の世界(This Is My World) - キップス
  • フィナーレ:心を繋ぐ6ペンス、ピカッ・ドカン・キャッ - キップス、アン、コーラス

受賞およびノミネート[編集]

「心を繋ぐ6ペンス」は英国アカデミー賞(BAFTA)の衣装デザイン部門にノミネートされた。受賞は結局「わが命つきるとも」にさらわれたが、デザイナーは「わが命つきるとも」の衣装デザインと同一だったため、手ぶらで帰ることにはならなかった。

外部リンク[編集]