徳川重好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
徳川 重好
時代 江戸時代中期
生誕 延享2年2月15日1745年3月17日
死没 寛政7年7月8日1795年8月22日
改名 松平萬二郎、徳川重好
別名 清水重好
戒名 峻徳院殿対空遊心大居士
墓所 寛永寺凌雲院
官位 従三位左近衛権中将宮内卿
参議権中納言
幕府 江戸幕府
氏族 徳川将軍家清水徳川家
父母 父:徳川家重、母:安祥院
兄弟 家治重好
正室:伏見宮貞建親王の娘・貞子女王
なし

徳川 重好(とくがわ しげよし)は、徳川御三卿の一つ清水徳川家の初代当主。

生涯[編集]

延享2年(1745年)2月15日、第9代将軍徳川家重の次男として生まれる。幼名萬二郎。当初は松平姓を称した。

将軍となった兄の徳川家治宝暦10年(1760年)から明和7年(1770年)までに清水屋敷を11回、家治正室の五十宮も2回訪問しており、兄弟の仲は良好であったとみられる。しかし、家治治世の後半になると、一橋治済の待遇上昇とともに地位が逆転していった。安永8年(1777年)に将軍世子の家基が死去すると、治斉の長子の豊千代(徳川家斉)が天明元年(1781年)に家治の養子となった。そして天明6年(1786年)に家治が死去すると、家治の最近親の重好を差し置いて、家斉が将軍に就任した[1]

天明8年(1788年)5月、御庭番高橋恒成清水徳川家に関して、「御取締り宜しからず候由」と報告書を記している。具体的には、家臣の長尾幸兵衛が清水家の財政を私物化していると指摘している。また『よしの冊子』では、長尾は3万両を田沼意次に献金し、重好を将軍職に就けようと目論んだと示唆している。

寛政7年(1795年)7月8日に死去した。享年51(満50歳没)。重好の死により、家重の血筋は断絶した。

重好死後の清水家[編集]

重好には嗣子がなかったため、領地・家屋敷は一時的に幕府に収公されている。収公は第8代将軍徳川吉宗の意向に背くものであったため、同年7月、一橋徳川家当主の治済老中松平信明らに強く抗議している。治済は七男の亀之助(後の松平義居)による相続を考えていたようである。その後の清水家は、第11代将軍徳川家斉が五男の敦之助を当主に立てて寛政10年(1798年)に再興されている。

経歴[編集]

※日付=旧暦

12月14日 - 伏見宮貞建親王の娘・田鶴宮貞子女王と結婚する。

脚注[編集]

  1. ^ 渡邉直子「『徳川実紀』に見る三卿の位置」2007年3月(『駒澤史学68』)